長野県 須坂市のふるさと納税のご紹介

長野県 須坂市のご紹介

長野県須坂市は長野県の北部に位置しており、平成29年11月1日現在の人口は51,190 人です。江戸時代には、須坂藩主堀氏の館町として谷街道と大笹街道の交差する場として、多くの商取引が行なわれた歴史があります。明治から昭和初期にかけては製糸業で町が活気づきました。市街地に現在も見られる蔵は明治から昭和にかけてその多くが建築され、蔵を生かした商店、博物館、美術館などとして現代も役目を果たしており、当時の繁栄が偲ばれる一方、蔵の町としても知られており、古き良きたたずまいの街並みは、ゆっくり散策するのに適しています。市内には長野電鉄が走っており、中心的な駅は須坂駅です。市の西部には上信越自動車道が通っており、市の南西部に須坂長野東インターチェンジがあります。国道403号と国道406号が市街地で交差しています。観光地の峰の原高原は、北アルプスの北信五岳を望む標高1500mから1600mの高原で、周辺にはペンションやロッジが点在し、四季を通じてさまざまなレジャーやスポーツを楽しめるリゾート地です。臥竜公園には桜並木は「さくら名所100選」に選ばれた桜並木があります。池の周りに「ソメイヨシノ」を中心として160本、公園全体で約600本の桜が植えられており、訪れた方の目を楽しませています。4月中には「臥竜公園さくらまつり」が開催され、夜にはライトアップもされて美しい桜をめでることができます。臥竜公園の近辺には動物園やスポーツ施設が揃い、市民の憩いの場となっています。日本有数のりんごと巨峰の産地としても知られています。

須坂市がおすすめする人気の特産品・返礼品

長野県須坂市のふるさと納税の返礼品で人気があるのは、信州産のりんごです。りんごの王様とも呼ばれる「サンふじ」を始めとして「あいかの香り」や「名月」などの品種から選べます。特産品である信州みそも人気が高い一品です。味噌づくりに適した気候の中で1年以上熟成された風味豊かな味噌です。須坂市で栽培されたブドウを使って丁寧に醸造されたワインは優しい口当たりと軽さが持ち味で、お酒をあまり飲まない人や女性にもおすすめです。

須坂市のふるさと応援寄附金の使い道

長野県須坂市に皆様から寄せて頂いたふるさと納税の寄付金は、以下の4つの事業に役立てられています。1、臥竜公園の桜を保護する事業や地球温暖化の防止、米子大瀑布や五味池など自然環境、日本の原風景を守ることを目的としたまちづくり、2、観光や農業、工業、商業関係などの産業の振興や伝統文化の継承に関する事業、3、子育て支援や児童を健全育成するための「子供は宝プロジェクト」を推進する事業、4、使途を限定せず、必要な事業に役立てる市長におまかせ。

長野県 須坂市の返礼品ページ

長野県 須坂市のホームページ
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=59262d2992c1d