長野県 諏訪市のふるさと納税のご紹介

長野県 諏訪市のご紹介

長野県諏訪市は、南信地方の都市です。人口は約5万人の人が住んでいて、江戸時代は、高島藩の城下町であり、戦後は時計、カメラ、レンズなどの生産が盛んに行われていました。山と湖の景観から「東洋のスイス」とも言われています。水が豊富なので地酒メーカーもたくさんあり、真澄、舞姫、麗人、本金などです。周辺は、山に囲まれていて諏訪湖の影響で内陸性の気候なのですが、春夏秋は、降水量は比較的多めで冬の降水量は少なめになっています。明治時代から大正時代にかけて製糸が栄えていたのですが、最近では、腕時計のセイコー、エプソンなどを中心としたハイテク産業が栄えています。観光地は、信州で1番大きな湖の「諏訪湖」は、ボートや釣りを楽しむことができます。休日には遊覧船に乗ることもできて家族で楽しむことができます。ほかにも「諏訪大社」、「高島城」など歴史を感じる観光地もあり、観光に疲れた足を癒すことができる足湯「湖畔公園足湯」は40人の人が一度につかることができるほど広い足湯です。諏訪湖で打ち上げられる「諏訪湖祭湖上花火大会」は全国的にも有名で4万発の花火が夜空を彩っています。名産品は、諏訪湖で育った「わかさぎの甘露煮」、「塩羊羹」は、甘さと塩気の塩梅が絶妙な和菓子です。諏訪市で作られている味噌は100年の歴史のある製法で作られています。「かりん」も有名で毎年10月に「かりん祭」が開催されたときには、無料でかりんを配布しています。地元で加工もされていて、ジャム、酒、お菓子になっています。

諏訪市がおすすめする人気の特産品・返礼品

長野県諏訪市のふるさと納税の返礼品のおすすめは、たくさんある特産品です。「塩羊羹」は、創業大正5年の小笠原商店が昔からの伝統の製法で作られています。自然乾燥で作られた寒天とアルプスの綺麗な水で作られた甘さと塩気のバランスを感じることができる人気の和菓子です。「信州舞姫扇ラベル」は、女性でも美味しいと感じることができる諏訪市の地酒です。華やかな香りと喉越しのよさが特徴のお酒です。「諏訪郡ワンカップ飲み比べセット」は、お酒好きな人には蔵元のおすすめ5蔵をセレクトしています。それぞれの蔵によって味わいが異なるので自分の好きな蔵を見つけることができます。

諏訪市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税でいただいた寄付金は、1、もの作り教育のために年間25時間のもの作りの授業を行って基本的な技術やもの作りの興味を育て郷土を愛する気持ちを育てています。2、文化財の保護や天然記念物の保全活動3、子育て支援や福祉の支援に使われ一層の充実をはかっています。4、諏訪市の自然や水辺環境浄化の取り組みを行っています。5、高度の微細加工技術をする会社が集結していて高品質なものを生み出す中小企業の産業振興に役立てています。6、旧バルヴ跡地の活性化などに活用されています。

長野県 諏訪市の返礼品ページ

長野県 諏訪市のホームページ
http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=5982