長野県 小谷村のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

長野県 小谷村のご紹介

長野県北安曇郡の人口約3,000人の小谷村(おたりむら)は、「特別豪雪地帯」に指定され、大規模スキー場が数多くあり、冬場は多くのスキー客が訪れます。また、村の厳しく美しい自然の恵みに、土地に根ざす人々の知恵と工夫が加わって生み出される特産品の数々も有名です。また、小谷村は、長野県の北西部に位置していて、その中央に姫川が流れています。そして、村の東部には、「妙高戸隠連山国立公園」もあり、雨飾山などの城山塊にあたっている標高2000m前後の山々がそびえ、西部には「中部山岳国立公園」を含む標高2500m前後の白馬連峰の山々がそびえ立っています。戦前に存在していた金鉱山の「地蔵鉱山」が、2013年に再開山し、日本でも数有数の金鉱山の一つにもなっています。村内には高速道路は通っておらず、関東方面からだと、上信越自動車道長野インターチェンジ、中京方面からだと、長野自動車道安曇野インターチェンジ、北陸、関西方面からは、北陸自動車道糸魚川インターチェンジからのアクセスが便利です。糸魚川市は、全面積の88%が森林で、耕地は3パーセント弱と断然森林が多くなっています。そのため、「森林セラピー基地」に認定されています。さらに、栂池高原も広がっています。一方で、小谷には滋味豊かな食品であるそばをはじめ、大切に受け継がれてきた伝統工芸まで素朴で温かみが感じられる特産品が数多くあります。信州塩の道である「下里瀬温泉サンテインおたり」では、6月1日から「栂池自然園」も開園します。また、小谷村にはその他にも、多くの観光スポットがあります。

小谷村がおすすめする人気の特産品・返礼品

小谷のふるさと納税返礼品には、すべての工程が手作業で作られている、「ぼろ織りペンケース」などを始めとするぼろ織りの特産品があります。一つ一つが手作りで、作った人の気持ちがこもった品物で人気になっています。また、「地酒 雨飾山720ml小」は、村の中谷の棚田で育てた秋田小町と百名山を使っています。さらっとした飲み口と、菊芋のほんのりした甘みが美味しくおすすめです。そして、「ジャージー牛のアイスクリームセット」は、白馬のブルーベリーや村の山葡萄に、プルーンや信州の紅玉林檎、そしてジャージーの牛乳から、すべて手作りをしたアイスクリームです。

小谷村のふるさと応援寄附金の使い道

小谷の「ふるさと応援寄附金の使い道」は、村の財産の豊かな自然や美しい村を維持していくために大切に使います。今年は、ビジターセンターのリニューアルをすることになりました。ビジターセンターとは、「栂池自然園」を訪れる人が必ず通る施設です。 以前は、年配の人がゆったりと寛げるスペースや子連れの家族などが安心して活用できる場所がありませんでした。山の天気はとても変わり安いものです。栂池高原の入り口はたとえ晴れていたとしても、ロープウェイでいざ上がってみると、天気が崩れてくることも多いです。天気が悪かったとしても、来た人に満足してもらえるよう活用させて頂きました。

長野県 小谷村の返礼品ページ

長野県 小谷村のホームページ
http://www.vill.otari.nagano.jp/mura/country/

SNSでもご購読できます。