長野県 宮田村のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

長野県 宮田村のご紹介

宮田村は、長野県の中部にある上伊那郡の中央部に位置し、東西は約11キロメートル、南北は約3.8キロメートルの大きさとなっています。太田切川左岸の扇状地である平野部と、中央アルプスの駒ヶ岳に渡り深い山地の構成となっています。また、北東に向かって緩やかに傾斜していた平野部は、太田切川と小田切川、大沢川によって分割され、河原と2本の長方形の台地に分かれ、山麓にはいくつかの小さな扇状地が発達しています。総面積は約55キロ平方メートル、その中での山林原野は約70パーセントを占めていて、耕地は約9パーセント、次いで宅地が約5パーセントあり、その他で16パーセントの土地構成となっています。この地域に人類が暮らし始めた歴史ははるか昔に遡り、村の台地の上や山あいの扇形の地からは古くからと多くの集落の痕跡が発見されています。中でも中越遺跡からは、今から6,000年以上昔、縄文時代の前期初め頃に300軒を上回る密集した家の痕跡がたくさんの土器と共に発掘されていて、その頃からすでにこの宮田の場所が独特の文化圏の中心として繁栄していたことが分かります。交通アクセスでは、中央自動車道経由にて首都東京より、車で約3時間40分、愛知県の名古屋からは車で約3時間、長野からは約2時間でのアクセスが可能です。また車以外でも、中央高速バスやJRでのアクセスも可能です。村内には、国指定文化財や県指定の文化財などが豊富に存在し、観光などでその歴史を目にかかる機会も多く、自然の景観と歴史を探索する事が出来る村です。

宮田村がおすすめする人気の特産品・返礼品

宮田村がおすすめする返礼品は、長野の気候と大自然の中で大事に生育された果物や野菜をふんだんに使用したジュースやワインなどが人気で「りんごやすぎやまのりんごジュース」や「りんごジャム」などに沢山のお取り寄せの声を頂いております。また、地域の特産品として名高い葡萄やトマトなどにも人気があり、山ぶどうワイン「紫輝」や「アルプスいちご」、ぶなしめじなども多くの取り寄せを頂いている一品です。その他にも地元の畜産農家で育成された「清流豚」などのおすすめの品です。

宮田村のふるさと応援寄附金の使い道

皆様から頂きました貴重な寄附金は地域の産業振興や文化財保護、自然保護、未来を担う子供たちの将来への育成のため次に掲げる事業の中からお選び頂きます。1.自然環境の保全及び景観の保持に関する事業、2.村民の健康増進及び福祉の向上に関する事業、3.学習・文化・運動などの充実に関わる事業、4.安全・安心な地域づくりに関する事業、5.子育てに関する事業、6.その他の活力に満ち溢れたふるさとにするための事業に活用致します。

長野県 宮田村の返礼品ページ

長野県 宮田村のホームページ
http://www.vill.miyada.nagano.jp/index.php?f=hp&ci=10276&i=11044

SNSでもご購読できます。