長野県 南箕輪村のふるさと納税のご紹介

長野県 南箕輪村のご紹介

南箕輪村は、長野県の南部に位置している上伊那郡の村の一つで、長野県の中において最も人口の多い村になります。土地の特徴として東西に跨って大きく2つの飛び地になっています。市街地は壮大な自然を満喫できる伊那谷の中を流れる天竜川の河岸段丘の上に位置しています。また、西側の飛び地は中央アルプス北部の経ヶ岳を含んでいます。日本の首都である東京や愛知県の名古屋市からの交通アクセスは約2時間半で可能であり、2006年には権兵衛トンネルの開通により当村と木曽の間において、およそ30分で通行できるようになりました。村内は次の地区に分かれていて、久保地区、中込地区、塩ノ井地区、北殿地区、南殿地区、田畑地区、神子柴地区、沢尻地区、南原地区、大芝地区、大泉地区、北原地区の計12地区により編成されています。人口は約15,000人で、この数は県内の村では最多となり、全国の村の中において第7位の順位となっています。また人口は近年微増傾向にあり、2040年の人口推計予測では県内の市区町村の中で唯一となる人口増加が予想されています。地域の特産品として水耕栽培技術と長い日照時間で育成し、甘く、豊富なビタミンCを含んでいる大芝高原いちごや、まっくんファームが栽培している有機栽培、減農薬栽培などの製法で生育された特別栽培米にあたるブランド米のコシヒカリ「風の村米だより」などがあり、2014年には連携している長野県上伊那農業高等学校が、全国お米甲子園で特別優秀賞を受賞した経歴もあり、村を挙げて特産品の育成に力を入れています。その他の特産品として寒暖の差が激しく日照時間が長いと言う特徴を生かして栽培されているりんごは、信州のりんごの中でも色付きがよく味も良いと評判を頂いています。主要な特産品の他にもブルーベリーやわさび、白ネギやアスパラガスなども野菜や果実なども人気の特産品となっています。

南箕輪村がおすすめする人気の特産品・返礼品

南箕輪村で人気の返礼品は、大自然の中で生育された地元産のブランド米「コシヒカリ風の村米だより」やそのお米をふんだんに使用した「古代米の白毛持ち&米粉面セット」でたくさんのお取り寄せの声を頂いています。また地域の特産品として有名な信州清酒の「夜明け前」や南箕輪産の山田錦を使用した「伊那谷純米大吟醸」、「やまぶどうワイン」なども注目の品です。その他のおすすめとして、「天使の美肌・化粧品セット」や「手打ち生蕎麦」、鹿革を使用したポーチや財布なども人気の一品です。

南箕輪村のふるさと応援寄附金の使い道

皆様から頂きました貴重な寄附金は、地域の産業振興や未来を担う子供たちの育成のため、次のメニューの中から活用させて頂きます。お申し込みの際にご指定下さい。さまからいただいた寄附金を活かし、日本一の「健康で楽しく暮らせる村」、「安心・安全な村」、「活力のある元気な村」をめざします。1.村政全般、2.自然・景観の保全、3.子育て支援、4.福祉厚生、5.教育・文化、6.防犯・防災、7.地域産業振興、豊かなみどりをまもり安全で安心な・元気で・住みたい村を目指します。

長野県 南箕輪村の返礼品ページ

長野県 南箕輪村のホームページ
http://www.vill.minamiminowa.nagano.jp/site/furusato/