長野県 池田町のふるさと納税のご紹介

長野県 池田町のご紹介

長野県池田町は、昔「有明の里」と言われていました。大正4年までは池田町村と言われていて、その後、町制を施行しました。昭和30年に広津村、陸郷村の一部と東筑摩郡明科町の一部、中之郷と鵜山地区が編入合併し、現在の形になりました。明治初期から生糸の生産が盛んで大正初期には製糸の町として栄えました。戦後には、電機や機械の工業についての仕事が発展し、さらに県下の有数な米どころとして稲作を中心とした農業が行われています。最近では、付加価値の高い「花」や「ハーブ」の栽培にも取り組んでいて有名です。気候としては、降水量が少なく気温差が大きい内陸型の気候で年間を通して過ごしやすい土地と言われています。冬は、最低気温がマイナス10度になることもあるのですが、雪が降る回数が少ないです。夏は、最高気温35度までいくのですが、夜になると気温が下がって過ごしやすくなります。1万人ほどの人が住んでいます。ハーブの栽培が有名なので「ハーブセンター」などの観光地が有名で四季おりおりのハーブを楽しむことができます。は「ハーブティー」はもちろんのこと、全国的に有名な「桑の実」で作られたワインを飲むことができます。ほかにも、米どころならではの美味しいお米と北アルプス連邦からの水脈の井戸水はとても綺麗でそれで作られた地酒も有名です。水産試験場が10年かけて開発した養殖魚は、「ニジマス」と「ブラウントトラウト」を交配して作った「信州サーモン」も有名です。

池田町がおすすめする人気の特産品・返礼品

長野県池田町のふるさと納税の返礼品でおすすめの特産品は、豊かな緑と北アルプスの綺麗な水を活用したものが人気です。「華蜜恋薬用入浴剤」セットは、池田町の名産であるハーブのカモミールの効果を最大に入れた入浴剤のセットでストレスを和らげる働きがあります。「信州サーモン三昧」は、信州で育てられた養殖魚で臭みがなく肉厚でとろけるような食感を楽しむことができる贅沢なセットです。「桑の実ワインセット」は、池田町産の桑の実を使用した珍しいワインです。甘口と辛口のセットでどちらも桑の実の芳醇な香りを楽しむことができます。

池田町のふるさと応援寄附金の使い道

長野県池田町にふるさと納税で皆様から寄付していただいたお金は、1、池田町の豊かな環境の景観や豊かな緑を守る活動2、伝統と文化を活かす教育の整備3、観光地としてのふれあいを大切にする活動4、産業を育てる活動5、安心して住むことができる街づくり6、町長の指定した事業などに活用されています。年々ふるさと納税の寄付金や寄付件数が増加していて様々な環境保全などの活動にありがたく活用させていただいております。

長野県 池田町の返礼品ページ

長野県 池田町のホームページ
http://www.ikedamachi.net/0000000230.html