長野県 飯田市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

長野県 飯田市のご紹介

飯田市は長野県南部の位置し、人口は県内4位の約10万人で、経済的な結びつきが愛知県の主要都市と強い市です。飯田城の城下町としても、三州街道の宿場町としても栄えてきました。近代以降は、製糸業や製材業が盛んで、その後は精密機械工業が発達しました。また東には南アルプス、西には中央アルプスがそびえ立ち、南北に天竜川が流れている日本一の谷地形が広がり、美しい自然と四季に富んでいます。経済的、文化的にも他とは違う発展を遂げており、神楽や人形浄瑠璃などの民俗文化が暮らしに根付いています。ハイテク産業の他に、半生菓子や漬物、味噌に酒などの食品や柿、りんごに梨などの農業も盛んです。「りんご並木と人形劇のまち」として知られています。他にも環境モデル都市に認定されており、太陽光発電や地産地消のグリーンエネルギーを使用した「おひさまともりのエネルギー」の先進的な取り組みを発信しています。観光名所には天竜峡の天竜川下りは険しい谷川を見事なテクニックで渡る船頭さんをみるもよし、乗船するもより、景観も素晴らしい場所です。下栗の里は標高1000メートル以上の場所にある山村で秘境とも言えます。季節になると美しい紅葉を見ることができる場所です。人形の歴史や貴重な人形を紹介しているのが川本喜八郎人形美術館でテレビ局の人形劇「三国志」で使われた人形などが展示されています。そして結納などに使われる美しい水引の産地としても有名ですので、その品々を展示した水引博物館や工芸館もあります。

飯田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

飯田市の返礼品の人気は、なんといっても特産品の市田柿やりんごに梨です。季節ものですので、旬の時期の確認が必要です。そして、りんごを使った国際味覚コンテストで最高三つ星を8年連続受賞している、世界が認めているお菓子「りんご乙女」がおすすめです。信州飯田のブランド豚「幻豚」は飼料にはサツマイモやそばを使った豚で脂っぽさがなく白身と言われるほどです。そんな幻豚のバラ肉やしゃぶしゃぶ用肉は、一度ご賞味頂きたい逸品です。

飯田市のふるさと応援寄附金の使い道

飯田市の応援寄付金の用途は、4つの取り組みに使用されます。一つはリニア中央新幹線開通のための事業で、みんなの夢であるリニア中央新幹線の開通のために使用されます。二つめは、観光や文化の応援のために使用されます。三つめは、飯田の人材育成や人材誘導のために使用されます。地域を活性化するために、子供達が地元に愛着と誇りを持って戻ってきてくれるように取り組む事業に使用されます。四つめは、人形劇のまちづくりに関する事業です。人形劇でのまちづくりを進めており、人形劇フェスタなど人形を中心としてまちづくりを応援する事業です。また、特定の事業の希望がない場合は他の様々な事業への寄付も受け付けています。

長野県 飯田市の返礼品ページ

長野県 飯田市のホームページ
http://www.city.iida.lg.jp/soshiki/13/p0176.html

SNSでもご購読できます。