長野県 千曲市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

長野県 千曲市のご紹介

千曲市は長野県の北信地域の南東部にあり、西は冠着山、東は鏡台山をはじめとして山に囲まれています。そのほぼ中央には千曲川が流れ、川をはさんだ両岸は平坦部が広がっており、さらに北は善光寺平に接しています。市の北部には、首都圏と北陸を結ぶ上信越自動車道と、中央自動車道につながる長野自動車道を結ぶ更埴ジャンクションがあり、高速道路網の要の地点となっています。人口は、平成25年4月1日現在61,300人です。昔から善光寺参りでの精進落としの湯としてにぎわってきた戸倉上山田温泉は、開湯から100年が経過して信州の中でも屈指の温泉街を形成しています。周囲には「名月の里」、「さらしなの里」、「あんずの里」が広がっています。信州の春は遅いですが、桜に先立ってあんずの花が開花します。例年、大体4月の上旬に開花が始まり、中旬に満開を迎えます。北アルプスの山の雪とあんずの花のピンクのコントラストがとても美しいです。6月には収穫時期を迎えます。あんずジャムやあんずの果実酒、干しあんず、シロップ漬けなど、いろいろな楽しみ方ができます。あんずの里アグリパークでは、いちご狩りやみかん狩りなどが楽しめます。0歳から6歳までの小さいお子さん向けのキッズルームもあり、広い場所でのびのびと遊べます。授乳室もあるので赤ちゃん連れでも安心です。焼き立てパンが食べられるアグリパークいちごベーカリーや食事ができるお食事コーナーもあります。

千曲市がおすすめする人気の特産品・返礼品

長野県千曲市の特産品であるあんずのコンポートを載せて信州産のヨーグルトを用いて作ったフローズンヨーグルトは、低カロリーでヘルシーなスイーツで、おすすめの返礼品です。信州更科の里の半生そばは、そばの実を自社製粉した挽きたてのそば粉を使って作られており、生そばや干しそばもあります。保存料を使用していない無添加なので、安心して食べられます。姨捨棚田の麓で大正8年から長きにわたって原材料にこだわって作られた信州みそも人気です。

千曲市のふるさと応援寄附金の使い道

長野県千曲市に皆様から寄せられた寄付金は、より魅力のある町づくりを行うために、以下の10の使途に使われます。1、重要伝統的建造物群保存地区である稲荷山地区の整備事業、2、国の重要文化的景観、国の名勝、日本の棚田百選にも選ばれている姥捨ての棚田の保全に関する事業、3、保育園や小中学校の改築事業、4、新庁舎や市民交流センターの建設事業、5、千曲市で新たに創業する方の支援、6、地震や水害から市民を守るための事業、7、市民の憩いとなり老若男女問わずに楽しめる公園の整備、8、市民が安心して利用できる水資源の保全、9、出身地区やコミュニティの振興のための事業、10、市長におまかせ。

長野県 千曲市の返礼品ページ

長野県 千曲市のホームページ
http://www.city.chikuma.lg.jp/docs/2013013100184/

SNSでもご購読できます。