宮崎県 都農町のふるさと納税のご紹介

宮崎県 都農町のご紹介

都農町は、宮崎県の中東部に位置しています。人口は約1万人程度で、1年中温暖な気候です。佐呂間町とは、南と北のトーヨータイヤテストコースが在している縁で、平成5年から交流がはじまると、イベントなどでの出店や商工会を通じて友好関係を深めています。平成26年には、経済交流都市として提携をして両町の復興発展に努めています。

都農町は、「山と滝とくだもののまち」と言われるように、観光地として尾鈴県立自然公園にあり日本の滝100選に選ばれている矢研の滝があります。毎年4月は尾鈴山開き、7月は滝めぐりとキャンプ場開き、11月にはもみじ祭りが行われます。日向国一之宮都農神社もあり、毎年8月1日と2日に行われる夏祭り(夏大祭)は神鋼が都農町内を巡幸して行きます。また、四台の太鼓台が練り歩き多くの観光客が押し寄せます。イベントとして、都農尾鈴マラソン大会は毎年2月11日に開催され40回以上続いており年々参加者も増えています。

特産品には、世界のワイン百選に選ばれた都農ワインがあります。毎年10月には、都農ワイナリーで都農ワインまつりが開催されています。それ以外にも、うに・ふぐ・トマト・葡萄などが特産品としてあります。イメージキャラクターは「つのぴょん」です。帽子には、尾鈴山と矢研の滝、特産であるトマト・葡萄がのせてあり、打ち出の小槌を持って幸福をもたらします。ぴょんぴょんと躍動して繁栄するよう願いがこもっています。

都農町がおすすめする人気の特産品・返礼品

地元特産品を使い(株)やまやコミュニケーションズと業務提携をして商品開発した「牛もつ鍋野菜セット付き」がおすすめ商品です。地元で獲れた野菜もセットになっているので家庭で気軽にお鍋ができます。都農ワインも解禁となり返礼品に登場しています。キャンベル・アーリーは2年連続金賞を受賞しており甘い華やかな香りが心地よいロゼに仕上がっています。出荷量日本一を誇る「霧島酒造飲み比べセット」は年に2回しか発売されない商品で、赤霧島・白霧島・黒霧島・うまいものはうまいがセットになっており人気の焼酎を飲み比べすることができます。

都農町のふるさと応援寄附金の使い道

宮崎県都農町へふるさと納税で寄せられた寄附は、都農町のふるさとづくりの為、以下の事業から納税者が使途を選択することでき、ふるさと創生基金に積み立てされたのち、有効活用されています。1.子供たちを対象とした異文化交流の事業、2.子育て支援・教育施設の充実・後継者育成のための人材教育事業、3.イベントにより地域活性化を図る事業、4.町内産品を活用した特産品開発事業、5.スポーツや文化の振興の育成事業、6.ふるさと振興事業の6つとなっています

宮崎県 都農町の返礼品ページ

宮崎県 都農町のホームページ
http://www.town.tsuno.miyazaki.jp/modules/pico/index.php?content_id=65