宮崎県 椎葉村のふるさと納税のご紹介

 

宮崎県 椎葉村のご紹介

宮崎県椎葉村は、北西部にある東臼杵郡に属する村です。村としては日本でも有数の広大な面積を持っており、国見岳をはじめ、全体が九州の標高1000mから1700m級の山々に囲まれています。その谷間を縫うように、幾筋もの河川が流れているため、とても自然豊かな場所です。そのため、村域の多くが九州中央山地国定公園に指定されています。

ここの主な産業は農業と林業となっており、日本で唯一の焼畑農業を継承する地域があります。また日本初の大規模アーチダムである上椎葉ダムもあり、このダムの建設によってその後の日本における、土木技術に多大な影響を与えたと言われています。このダムによって作られた人造湖は、日向椎葉湖といい、小説家である吉川英治によって命名されたといいます。2005年には財団法人ダム水源地環境整備センターから、ダム湖百選の認定を受けているため、主要な観光地の一つとなっています。

他にも国の天然記念物である八沢杉や、大久保の大ヒノキがあります。椎葉村には山の神楽ともよばれる、国の重要無形民俗文化財の椎葉神楽が伝承されており、伝承地域によって様々な神楽を見ることができます。またここは壇ノ浦の戦いで滅亡した、平氏の残党が落ち延びたとされる平家の落人伝説の地でもあり、毎年11月にはお祭りも開かれています。この山間に囲まれていることと、民族的特徴から日本三大秘境にも数えられており、伝承文化が息づく村としても有名です。

椎葉村がおすすめする人気の特産品・返礼品

椎葉町のふるさと納税の返礼品は、希少な自然食品や、代々受け継がれている独自の食品加工技術を活かした特産品があります。手作りの椎葉新そばセットや田舎餅セット。おすすめなのは放牧しながら育てられた高級豚肉です。椎葉豚肉のセットは、ロースのブロックや豚バラブロック、豚ヒレブロックなど各種揃えられており、人気の一品となっています。豊かな自然と美しい川で育ったヤマメや、秘境と呼ばれる椎葉の天然湧水などもあり、色々な自然の恵みから選ぶことができます。

椎葉村のふるさと応援寄附金の使い道

寄せられた寄附金は、以下の事業から用途を納税者が指定できます。福祉と少子高齢化対策に関する事業、椎葉村は重要伝統的建造物群保存地区に指定されているため自然環境保全、自然景観の維持に関する事業、産業の振興に関する事業、教育やスポーツ活動の充実に関する事業、集落ごとに伝えられている椎葉神楽などを守るため、歴史と文化の保存に関する事業。特に指定がない場合は必要な事業に使われます。

宮崎県 椎葉村の返礼品ページ

宮崎県 椎葉村のホームページ
http://www.vill.shiiba.miyazaki.jp/promote/donation/index.php

SNSでもご購読できます。