宮崎県 日向市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

宮崎県 日向市のご紹介

日向市は、宮崎県の北部に位置し、日向灘が東に、尾鈴山系が南に広がっております。市の北部に門川町、南部に都農町、北西部に美郷町、南西部に木城町が隣接しています。宮崎市内から車で約90分、高速道路では1時間強で行くことができ、電車では宮崎空港駅から日向駅までの急行で60分ほどです。人口は62,370人(平成29年11月)で宮崎県内の4番目の人口の多さです。出身者で有名な、元東京ヤクルトスワローズの外野手の青木宣親氏と元千葉ロッテマリーンズの投手の黒木知宏氏には市民栄誉賞が送られています。また、歌人の若山牧水は日向市東郷町出身としても知られています。

観光名所としては、訪れれば願いが叶うと言われている「願いが叶うクルスの海」や日本の渚百選に選ばれている「お倉ヶ浜海水浴場」、日本の海水浴場88選に選ばれている「伊勢ケ浜海水浴場」、全国的なサーフィンの名所として知られる「金ヶ浜海水浴場」などが有名です。日向市の海水浴場は、水温が高く、一年を通して質の良い波に、広いビーチがあるのが特徴で、サーフィンをゆったりと楽しむことが出来ます。全国で唯一のハマグリ碁石の生産地であるため、年に一度、十月に「はまぐり碁石まつり」が開催されます。この大会では、すべての対局で「はまぐり碁石」と「日向榧碁盤」が使用され、本物のすばらしさを体感することができます。地球温暖化防止の一環として、廃油から作られたキャンドルがともされる「ひゅうがの灯り」が毎年催されています。

日向市がおすすめする人気の特産品・返礼品

特産品である日向豚食べ比べセットが人気ですが、ヘベス青果と加工品のセット、はまぐり碁石を使用したペンダントやイヤリングなどがおすすめです。また、日向市の無形文化財である、「永田のひょっとこ踊り」の出張講演もおすすめの返礼品です。ひょっとこ踊りとは、商売繁盛、五穀豊穣、子孫繁栄を祈願するもので、ひょっとこやおかめやきつねがそれぞれのお面をつけ、音楽のリズムに合わせて、体全体を使ってコミカルに踊るものです。50万円以上の寄附者が対象ですが、地元の保存する会が2人以上の踊り手を派遣します。

日向市のふるさと応援寄附金の使い道

宮崎県日向市へふるさと納税で寄せられた寄附は、日向市の元気で活力あるまちづくりのために、以下の分野から、寄附者により使途を選択いただけます。1.教育文化の分野(教育体制や環境の整備など)、2.健康福祉の分野(子育て支援、医療体制の確保など)、3.産業振興の分野(農林水産業・商工業の振興など)、4.生活環境の分野(消防・防災体制の充実)、5.社会基盤の分野(住環境の整備、公園の整備など)、6.地域経営の分野(地域コミュニティの活性化など)、7.市長におまかせ

宮崎県 日向市の返礼品ページ

宮崎県 日向市のホームページ
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/display.php?cont=140317120132