宮崎県 日之影町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

宮崎県 日之影町のご紹介

宮崎県日之影町は、北西部にある西臼杵郡に属する町です。町域全体が山地に含まれているため、癒し効果が科学的に評価された、森林浴効果のある森林セラピー基地認定地域となっています。主な産業は農業と観光業です。また、整備された森林セラピーロードを活用して、地元の料理や、伝統工芸などの体験メニューと組み合わせた森林セラピーの取り組みにも力を入れています。

特産品は竹細工や、ねむの木を薄板にして加工して作られる”めんぱ”が有名です。めんぱとは、木製の曲げ物のことで、古くから伝わる手法で木を曲げて作られるお弁当箱などの容器のことです。他にもほおずきや、栗、ゆずなども採れます。
日之影町内に鉄道路線はないものの、まだ駅の姿を残す日之影温泉駅は現在も温泉施設として営業されており、訪れた人を暖かく迎えています。

その他にも観光スポットとして、旧石器時代の遺跡である出羽洞穴や、かつて見立鉱山で働いていた英国人のために建設された英国館があります。英国館は、日本建築と洋風建築をひとつにした当時としてはとても珍しい建築様式となっており、中に入ると懐かしさの中に異国の香りを感じることができます。中は資料館となっており、見立鉱山の歴史を振り返ることができます。

日之影町は山地に囲まれた場所であることから、大小様々な橋がいくつもかかっています。深い緑の中に見え隠れする景観は、他に類を見ない独特のものであり、その中でも東洋一と呼ばれるアーチ型の青雲橋や、農業橋としてもコンクリートアーチ橋としても日本一と言われる天翔大橋が有名です。

日之影町がおすすめする人気の特産品・返礼品

日之影町のふるさと納税の返礼品は、色々な種類の特産品から幅広く選択する事ができます。和菓子の原料としても使われる日之影栗や、皮ごとまるかじりで味わえる完熟きんかん、高千穂牛のうで肉がおすすめです。そのほかにも有機栽培に拘った釜炒り茶のセットや、合鴨を使った完全無農薬栽培のお米など、また特産の柚子を使った調味料のセット、日之影町の道の駅でしか味わえない地元産和牛を使用した牛カレーも人気となっています。

日之影町のふるさと応援寄附金の使い道

寄せられた寄附金は、日之影町ふるさと応援基金に積み立て、以下の事業に使われます。水源の里の保全とそこへ暮らしている人々の暮らしを支える事業、森の案内人の育成などの森林セラピー基地の町づくり事業、自然と生きるまち、人と生きるまち、住民が誇れるまちの基本理念に基づいたふるさとの地域振興のための事業といったテーマの中から、寄附の際に寄附者が使い道を選択できます。特に指定がない場合は、町長がその時必要な事業を選びます。

宮崎県 日之影町の返礼品ページ

宮崎県 日之影町のホームページ
http://www.hinokage.jp/docs/2016030100045/