宮崎県 五ヶ瀬町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

宮崎県 五ヶ瀬町のご紹介

五ヶ瀬町は九州山地の中央部、宮崎県の北西部にあり、標高は全体的に高く、町の中心部にあたる丘陵地でも500m以上で、南部は1000mを超える山地となっています。南国のイメージが強い県ですが、気候は冷涼で年平均気温は13度と長野県飯田市とほぼ同じです。過去に夏でも猛暑日、熱帯夜が観測されたことはありません。冬は比較的寒く、1月の平均気温が仙台市とほぼ同じで、南岸低気圧や強い寒気の影響で雪が積もりやすく、20㎝以上の大雪となることもあります。

人口も平成17年には5000人を割り過疎化が進んでいますが、豊かな自然に恵まれた土地に観光スポットは多数点在します。
豊かな自然の中で落差20m、山間の樹海が落ち込んだような滝壺に流水の落ちていく姿の美しい「うのこの滝」、落差60mの「白滝」、秋に色鮮やかな紅葉を楽しめる「五ヶ瀬渓谷」はマイナスイオンに満ちた清々しい場所です。

他には、いくつもに枝分かれし、まるで地面から空に向かって伸びる手のようで通称「神の手」と呼ばれている「祇園の大ヒノキ」、樹齢およそ300年で天然記念物に指定されている「浄専寺のしだれ桜」、歴史を感じるスポットでは、西暦900年後半頃創建され本殿の建設風と彫刻は有形文化財に指定され、春には境内に12000本のシャクナゲが咲き誇る「三ヶ所神社」、九州発祥の地と言われ、石灰岩の地層からはクサリ珊瑚、三葉虫などの数億年前の化石が出土している「祇園山」、祇園山の麓の妙見神社の一角に湧き出て授乳の神水と崇められ平成の名水百選に認定された「妙見神水」、棚田百選の中の「日陰の棚田」、「下の原棚田」、「鳥の巣の棚田」などなど。日本最南端の天然スキー場「五ヶ瀬ハイランドスキー場」もあります。

特産品としては、冷涼な気候を生かした「釜炒り茶」、「椎茸」、地元で育まれた葡萄で作られた「五ヶ瀬ワイン」、やまめの甘露煮などがあります。

五ヶ瀬町がおすすめする人気の特産品・返礼品

五ヶ瀬町のふるさと納税の返礼品としては、農林産物の加工品が中心の町の特産品の中から色々なものが提供されています。五ヶ瀬町産ぶどう100%使った「五ヶ瀬ワイン」、無農薬で栽培し今では希少な釜炒り製法で作られる「釜炒り茶」、県の魚ブランドに指定されているやまめを使った「やまめの甘露煮」などは特におすすめです。その他の人気商品として味比べができる芋・麦・そばを原料とした焼酎のセット、祇園山から採取されたミネラル豊富で飲みやすい「日向天照水」、ハーバークラブのおばあちゃん達が愛情込めて手作りしている「ハーバークラブのかりんとう」、五ヶ瀬ハイランドスキー場の全リフト1日無料券などがあります。

五ヶ瀬町のふるさと応援寄附金の使い道

皆様から寄せられた寄附金は、教育・文化・スポーツの振興に関する事業、保健・医療・介護・福祉の向上に関する事業、産業の振興に関する事業、森林整備・自然環境・水源涵養、景観の保全に関する事業、町民活動や行政活動の充実に関する事業の中から寄付者に使い道を選んで頂き、各事業の財源として、活力あるふるさとづくり、魅力あるふるさとづくりに活用されます。特に指定がない時はその他目的達成のための町長が必要と認める事業に活用されます。

宮崎県 五ヶ瀬町の返礼品ページ

宮崎県 五ヶ瀬町のホームページ
http://www.town.gokase.miyazaki.jp/

SNSでもご購読できます。