宮崎県 えびの市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

宮崎県 えびの市のご紹介

えびの市は九州宮崎県の9市のうちの1つで、県の南西部に位置します。人口は18,800人ほどで、アメリカテキサス州ベルトン市と姉妹都市になっています。最寄り空港は鹿児島空港、JR九州利用の場合はえびの駅、高速道路の九州自動車道と宮崎自動車道の分岐点となり、熊本、鹿児島、県内の都市を結ぶ国道の交点でもある為、県西部における、陸上交通の要衝となっています。

観光では「田の神さぁの里」と呼ばれ、宮崎県内唯一の温泉郷を持っています。エリアとしては4ヶ所に分かれ、市の中央が「加久藤エリア」南部には「えびの高原エリア」が有り、白鳥温泉、足湯の駅、キャンプ村、アイススケート場など県内屈指の観光スポットとなっていて、不動池、白紫池、六観音御池などの火山湖が点在し、春から初夏にかけては天然記念物に指定されているノカイドウや霧島を代表するミヤマキリシマ、大山レンゲ、夏つばきを鑑賞でき、秋の鮮やかな紅葉も見事です。

また霧島連山の最高峰である韓国岳は遠く韓国まで見渡せるという事からこの名前が付いたとも言われます。西の「真幸エリア」は京町温泉、吉田温泉などの温泉郷が有り、古くからの湯治場として人気が有りますし、米どころとして知られ「真幸米」の生産地です。もう一つ北東に位置する「飯野エリア」もえびの米として有名なヒノヒカリの生産地で有り、この両方のエリアに150体も点在すると言われる、田の神を石に刻んで祈願する「タノカンサァ」は薩摩独特の文化でのどかな田園風景を彩っています。

えびの市がおすすめする人気の特産品・返礼品

えびの市の特産品としては、米をはじめとして宮崎牛、豚肉、地鶏などの肉類や、しいたけ、枝豆、きくいも、マンゴー、ブドウ、キンカンなどの農産物、酒、地ビール、焼酎、緑茶と紅茶などの飲料、漬物、味噌、ジャム、ハチミツ、酢、アイスクリーム、ローストビーフなどの加工品など、大変多くの種類が有ります。どれもとても人気があり、返礼品としてはその中からおすすめの特産品がチョイスされています。返礼品の中には人気の高い温泉の宿泊パックなどもあります。

えびの市のふるさと応援寄附金の使い道

えびの市へふるさと納税で寄せられた寄附は「えびの市心のふるさと基金」に積立て、寄附者が賛同する事業に翌年以降使われます。大自然と人々が融合し、新たな力が躍動する街をめざし4つのメニューがあります。1は温かいふれあいを保ち、お子様からお年寄りまで生き生き安心して暮らせる地域福祉の充実に関する事業、2は自然環境の保全に関する事業、3は伝統文化の保存に関する事業、4は市長にお任せとなり、魅力ある街づくりの為に使われたり、希望される使途が有れば意向が尊重される方向に使用されるそうです。

宮崎県 えびの市の返礼品ページ

宮崎県 えびの市のホームページ
http://www.city.ebino.lg.jp/display.php?cont=150508154039