宮城県 涌谷町のふるさと納税のご紹介

宮城県 涌谷町のご紹介

宮城県涌谷町は、日本で始めての産金地として有名で、749年に東大寺の大仏を建立するときに金を献上したという歴史があります。国に指定された史跡の「黄金山産金遺跡」には、歌人である大伴家持が詠んだとされる万葉歌碑が立っています。町の産業としては、お米の「ひとめぼれ」などを生産する稲作やほうれん草、小ネギ、水菜などの農業が盛んに行われています。観光スポットは「天平ろまん館」が有名で、日本で始めての金の産地になった歴史や産金技術を学ぶことができます。砂金採りの体験コーナーや郷土料理もいただくことができるので、家族でも友達同士でも楽しむことができます。「城山公園」は涌谷伊達氏の居城跡で、涌谷神社や歴史資料館もありますが、それよりも県内で有数のさくらの名所としても有名です。毎年さくら祭りも行われており、にぎわっています。食器が好きな人におすすめなのが「涌谷竜文塗」です。流れるようなデザインが美しく、色彩と文様の調和を表した竜文塗が生まれました。それを改良したのが、現在の「涌谷竜文塗」です。美味しい名産品もあり、「おぼろ豆腐」は江戸時代末期に関西からきたお坊さんによって作り方などが伝えられ、現在の名産品になりました。ほかにもシイタケや油揚げと一緒に煮た「おぼろ汁」は、郷土料理にもなっています。おみやげとして人気なお菓子では、「わくやさま」があります。フレッシュバターと白い餡子にくるみの風味を加えたお菓子でお土産や贈答用に買っていく人が多いです。

涌谷町がおすすめする人気の特産品・返礼品

宮城県涌谷町でいただくことができるふるさと納税の返礼品は、特産品がおすすめです。「おぼろ豆腐と油揚げ・豆乳のセット」は、ほろりとした食感と上品な味わいを楽しむことができます。シイタケと油揚げでおぼろ汁もお家でいただくことができ、人気です。「涌谷太鼓」は甘党な人にぴったりのお菓子で、みやこがねを使用したもち皮に風味豊かなずんだ餡を包みました。「ササニシキ親子米の食べ比べ」は、親のササシグレと子のササニシキを食べ比べることができるセットで自分の好きなお米を楽しむことができます。

涌谷町のふるさと応援寄附金の使い道

みなさまからいただいた宮城県涌谷町へのふるさと納税の寄付金は、6つの事業へ使途を選択することができます。1、ふるさとの文化などが守られるように教育などの支援に力をいれています。2,町民が安心して暮らせるように健康や福祉の充実に役立てています。3、町の産業や観光が盛り上がるように支援を行っています。4、安全して暮らせるように寄付金を使用しています。5、快適に暮らせるように町のインフラ整備に使用しています。6、町の活性化をはかるために自立できるように使用しています。

宮城県 涌谷町の返礼品ページ

宮城県 涌谷町のホームページ
http://www.town.wakuya.miyagi.jp/gyose/furusato/index.html