宮城県 富谷市のふるさと納税のご紹介

宮城県 富谷市のご紹介

宮城県の富谷市は、県都の仙台市近くに位置するまちです。市の大半が台地性丘陵であり、市内を流れる吉田川支流域には水田が分かれ広がっています。市の中心の富谷から隣接都市の仙台中心部まで約18㎞の距離にあります。その為、1965年頃より丘陵地が切り開かれて住宅開発が急激に進み、現在では仙台市のベッドタウンとして人口が増え続け、現在の市人口は約5万人となっています。市人口の90%近くの人が、住宅開発よって造成された新興住宅地域に集中しています。このように居住人口が増え続けている理由は、仙台市のベッドタウンの要素以外に、将監トンネル開通やバスターミナルの設置、また仙台市営地下鉄開業等交通インフラが整備され、その結果、仙台市までのアクセス時間短縮が挙げられます。富谷市の歴史は、古くは江戸時代より奥州街道の宿場町として発展しました。明治時代に入ると富谷村と複数の村が合併され、新しく富谷村が生まれ、昭和38年に富谷町、平成28年には富谷市として進化し現在に至っています。地場の代表的な名産、特産は、まず有名なブルーベリーです。富谷ブルーベリーは、無農薬栽培によりビタミンや鉄分がとても高い特徴がある逸品です。同じく農産品の富谷もやしは、農薬に頼らず化学肥料も使用しない高品質もやしとして全国に知られています。そして、300年以上の長い歴史の酒蔵が丹精こめて仕込む清酒等が挙げられます。観光名所については、市のシンボルである大亀山森林公園があります。公園より太平洋や七ッ森の素晴らしい景色が眺められ、ゲレンデやアスレチック施設が整備されており、数多くのファミリー等で賑わう人気スポットです。

富谷市がおすすめする人気の特産品・返礼品

富谷市の有名な特産品は、富谷もやしやブルーベリー、歴史と伝統を兼ね備えた清酒が挙げられます。富谷市がふるさと納税への返礼品として提供されているアイテムは、全国に誇る美味しいお米のササニシキやひとめぼれです。特におすすめは、無農薬のこだわり栽培で生まれたブルーベリーやブルーベリーを使って開発したジャム、ドリンク等の詰合せが人気を得ています。その他、牛タンや日本酒等地域を代表するアイテムもおすすめとなります。

富谷市のふるさと応援寄附金の使い道

富谷市のふるさと納税寄附金の代表的な活用は、経年劣化する公園の遊具や設備の修繕や定期的メンテナンスが必要となる道路、表示物等の補修などまちづくりに反映されています。また、市民の健康維持へ特に、高齢者の健康寿命をサポートするための活動に助成し、健診や予防を支援する取組みに活かされています。安心安全且つ環境保護の視点の取組みには災害対策を中心とした設備改修、河川や景観を整える保全活動に役立てています。

宮城県 富谷市の返礼品ページ

宮城県 富谷市のホームページ
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/kikakuseisaku/hurusa-to.html