宮城県 大和町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

宮城県 大和町のご紹介

宮城県の大和町は、県の中央近く舟形連峰の東の麓に位置し、船形連峰から吉田川が流れ、その流域にはとても肥沃な水田を有する地形が特徴のまちです。大和町の象徴は、豊かな自然環境と歴史文化であり、船形山や宮床と吉田の間にある古い火山体が浸食された七ッ森、中心部の吉岡には昔栄えた宿場町の面影が残る景観等はその代表格です。加えて昭和62年に完成した南川ダムや平成10年完成の宮床ダムが建設され、水を供給するまちの一面もあります。昭和30年に吉岡町と5村が合併し町が誕生し現在の人口は約2万9千人、世帯数は約1万2千世帯となっており、県庁所在地の仙台市から約20㎞という近距離に立地していることから都市化の進行が著しい状況にあります。まちの主要産業は、農業を中核としながら工業や観光も盛んに進められています。東地区には美味しい米として有名なひとめぼれの生産地帯が広がり、また、北の拠点として県内最大の工業製造地帯である仙台北部中核工業団地があり、大手企業をはじめ数多くの企業が進出しています。これからも先進的技術の産業や自動車関連の製造企業の建設が予定されています。町の特産は農水産品が中心となっています。代表的なモノは地元の酒米から産まれた地酒や清流を活用して養殖された岩魚や山女等の一夜干し、また県内生産量の約6割を占める大和町産の舞茸、まちの自然のシンボルである七ッ森で養蜂された七ッ森のはちみつが挙げられます。

大和町がおすすめする人気の特産品・返礼品

大和町の有名な特産品は、まず県内生産量の6割を誇る大和町産の舞茸です。また、豊かな自然を活かし養殖された岩魚等の一夜干し、鶴巣そばや地酒もおすすめです。町のシンボル七ッ森で日本蜜蜂の養蜂が行われており、七ッ森の恵はちみつも人気です。ふるさと納税寄附金へ主だった返礼品の内容は、舞茸、ささにしきやひとめぼれ等のお米、地酒、仙台牛ステーキやすき焼き肉セット、地元の蜂蜜やそば等の名物が詰め合わせされた大和町特産品セットが人気となっています。

大和町のふるさと応援寄附金の使い道

大和町に対して納税された寄附金をもとに活用された実例は、まず、まちのシンボルである豊かな自然を保護、維持するための保全活動に充当されています。また、地元の産業を振興させ、まちに活力を創出させる企業誘致を助成する財源としています。次に高齢者や子供が安心し健康的に生活できるようサポート活動の後押しに反映させています。最後に、地域の安全安心を実現させ、特に災害に強いまちづくりのため、防災に関する設備見直しや備品購入などに活用しています。

宮城県 大和町の返礼品ページ

宮城県 大和町のホームページ
http://www.town.taiwa.miyagi.jp/site/hurusatonouzei/