宮城県 白石市のふるさと納税のご紹介

 

宮城県 白石市のご紹介

宮城県の白石市は、県庁所在地である仙台市と隣県の福島市の中間地に位置し、北部には青麻山と蔵王連峰が高く立ち、白石川と斎ヶ川に沿って盆地が開けている地形の都市です。東京より東北新幹線を利用して約2時間、蔵王のエントランスとなっています。市内には名湯の温泉や歴史を感ずる旧跡など見所の多いまちです。居住人口は約34000人、交通アクセスが整い、昔からの農業に加え機械製造業や食品加工業等が行われています。白石市の歴史は、戦国時代に市内西部の丘陵に白石城が築城され、その後、再度、伊達領内となり伊達政宗を支えた片倉小十郎景綱が白石城城主として、片倉家の城下町を形成し発展させました。加えて、奥州街道の主要宿場町として人が行き交う土地柄から温麺の生産や和紙、生糸、木地細工づくり等が行われていました。現在も白石温麺、白石和紙として地元を代表する名産となっています。白石市の産業経済の中心は、農業と観光レジャーとなります。農業は平野部において米作、蔵王の麓では涼しい気候を背景に高原野菜づくり、また小原等他の地区ではリンゴや柿、梨、桃等のフルーツ栽培が盛んに行われています。観光レジャー産業は、まず市内には数多くの観光スポットが存在します。小原温泉、鎌先温泉、白石湯沢温泉など蔵王の魅力的な自然が体感できる人気の温泉として有名です。そして、冬シーズンには蔵王のスキー場がウィンタースポーツを楽しむ人で溢れます。市内には、白石城の城下町風情が漂う景観が色濃く残っており、歴史を堪能できます。このように豊かな自然環境と歴史文化が隣り合わせに過ごせるまちです。

白石市がおすすめする人気の特産品・返礼品

白石市を代表する特産品や名物は、江戸時代から生産が開始されたといわれている白石温麺です。また、弥治郎こけしがあり、こけしの里として有名です。その他、文化財修復の際にも使用される白石和紙、白石葛等があります。ふるさと納税の返礼品は、やはり白石温麺をはじめ、蔵王高原の乳製品から開発されたスィーツ、白石城や片倉小十郎を基にした銘菓がおすすめです。その他、人気の高い返礼品には、蔵王牛のハンバーグセットや牛肉各種、また、地元産のリンゴや梨、柿等のフルーツが提供されています。

白石市のふるさと応援寄附金の使い道

白石市に対して納税された寄附金の主な活用事例は、まず子供育成に関連した取組みに活かされています。具体的には安心して出産ができるよう妊婦健診等にかかる費用補助、また子供医療費の助成に使われています。その他には、白石市に居住を推し進めるために家賃支援等手厚いサポートの実施に繋げています。そして、まちの賑わいや活性化へ祭りイベント等への協賛スポンサー活動です。このように安心して暮らせる魅力的なまちづくりの実現のために貴重な財源として充当されています。

宮城県 白石市の返礼品ページ

宮城県 白石市のホームページ
http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/soshiki/7/47.html

SNSでもご購読できます。