宮城県 塩竈市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

宮城県 塩竈市のご紹介

塩竈市は宮城県のほぼ真ん中、太平洋岸に位置しています。塩竈は塩釜と書くこともあるが、正式には塩竈で通っています。塩竈の市のホームページに竈の字の書き順がありますので、興味のある方は一度、覗いてみてほしいです。人口は約53,400人程です。交通機関はJR東日本の東北本線、塩釜駅があります。車では三陸自動車道の利府中ICもしくは利府塩釜ICから来ていただけます。奥州一の宮である鹽竈神社の門前町として栄えており、国内有数の港湾都市として現在も発展しています。現在は日本一の鮮マグロの水揚げ港とも言われています。また漁業と共に水産加工業も盛んで、笹かまぼこは日本有数の生産量を誇ります。また古くは古今集の時代から、多くの詩人に歌われる土地でもあり歴史ある土地でもあります。このように美しい海と共に歩んでおり、現在では景色や漁業だけでなく、海水浴、釣りやマリンスポーツなど海や島を楽しむ場所が多くあります。また日本有数の米の産地である宮城県において鹽竈神社へ奉納するためのお神酒を、蔵元の杜氏が腕を競い合い美味しさを競ったという話があり、現在でも美味しい日本酒を飲むことが出来ます。また塩の作り方を伝えたと言われる鹽土老翁神を祀る鹽竈神社のある土地ですから、古来の製法が残っており、塩竈の藻塩はそのような製法で作られた特産品のひとつです。小さな島々からなり、美しい景色と自然を見ることが出来る浦戸諸島も、塩竈の港から行くことが出来ます。

塩竈市がおすすめする人気の特産品・返礼品

町の特産品である揚げかまぼこや笹かまの詰め合わせは大変人気があり、また多くの種類をご用意しております。また豊富な水揚げ量を誇る港から、生マグロのブロック、本マグロの部位食べ比べのセット、メバチマグロのサクやマグロのカマトロ味噌漬け、紅鮭、わかめ、めんたいこ、イカの塩辛と多くの海の幸もおすすめの返礼品です。また魚介以外に、地酒や仙台牛のざぶとんや牛タン、サーロインと、一度は口に入れたい美味なるものがたくさんあります。

塩竈市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税を通して皆様から頂いた寄付金は、東日本大震災からの復興、そして市の活性化に繋がるよう活用させていただいております。まちづくりの目標として誰もが安心して暮らせるまち、海と港と歴史を活かすまち、夢と誇りを創るまちを掲げており、その戦略として定住人口の確保、交流の強化、市民の連携強化を重点においており、これらの事業に充てさせていただきます。具体的には妊婦健診事業や、放課後児童クラブの運営事業、企業誘致活動、観光のまちづくり推進事業などの活動をしています。

宮城県 塩竈市の返礼品ページ

宮城県 塩竈市のホームページ
http://www.city.shiogama.miyagi.jp/seisaku/shise/kaikaku/sonota/noze/index.html