宮城県 色麻町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

宮城県 色麻町のご紹介

宮城県の中央寄りに船形山の北東麓にあり、鳴瀬川支流や花川が山地から平地に流れ込みできた地形の町です。色麻町の人口は約7000人、世帯数約2000戸の農業を中心とした自然の豊かさが特徴、仙台市より約30kmの位置にあり、その他隣接する都市は、大崎市や山形県の尾花沢市等となります。町には鉄道路線がなく交通手段はバス、自動車となります。町のシンボルは、河童です。木彫りの河童を神体とする磯良神社があり河童で町おこしを進め、河童のふるさととして有名なのです。町の歴史は、この地に古代より人が住み、栄えていたと思われます。証として町には、奈良時代の頃に多賀城の前方拠点地であった色麻柵跡や多賀城の屋根瓦を焼いた日の出山瓦窯跡が存在し、また前方後円墳や多数の群集墳も発見されています。色麻町の産業は米作中心の農業ですが、えごまの栽培がとても盛んに行われている地域です。えごまは油の原料となりますが、摂取すると糖尿病をはじめとした生活習慣病の予防改善に働きかける特性を持っています。現在では、えごまを原材料として様々な商品を企画、販売されており、色麻のえごまが地元特産品として大変有名になっています。色麻町が誇る豊かな自然の象徴は、奥羽山系に属している船形山等が山岳連峰を形成して四季折々の美しい景観を見せています。主峰の船形山のもと蛇ヶ岳、坊主山が続き、後白髪山等が連なります。そして、約41mの色麻の大滝や神秘的な鈴沼が観光客の期待に応えています。

色麻町がおすすめする人気の特産品・返礼品

色麻町を代表する有名な特産品は、えごまです。色麻町はえごまの栽培がとても盛んでえごまを使用した商品も開発されています。ふるさと納税寄附金に対する返礼品ギフトのおすすめは、まず清らかな水と肥沃な土地等豊かな自然環境が育んだ美味しいお米であるかっぱのふるさと米です。また、とても人気の高い返礼品は、特産品でもあるえごま油セットやえごま焼酎です。その他、色麻町産の無添加食品詰合せやりんごもおすすめとなります。

色麻町のふるさと応援寄附金の使い道

色麻町に寄せられた、ふるさと納税寄附金を活用した取組み事例は、子供の学ぶ機会を創出する奨学金の助成や教育機器の導入等教育現場のサポートに活用されています。次に、大切な自然環境を守り、将来に亘り維持させていく為の環境管理に反映しています。そして、安心して生活できる町として防災をメインに機器導入や見直しに充当しました。最後に福祉の充実です。健康維持のため健康診断の促進や高齢者を中心として元気に生活できるよう支援する活動の助成です。

宮城県 色麻町の返礼品ページ

宮城県 色麻町のホームページ
http://www.town.shikama.miyagi.jp/9,0,89.html