宮城県 加美町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

宮城県 加美町のご紹介

加美町は宮城県の北西部に位置しており、大崎地方に属しています。人口約24,000人、約8,100世帯が暮らしています。町内に駅は無く、大崎市にあるJR古川駅が近い駅となります。古川駅は東北新幹線と在来線の陸羽東線に乗ることが出来る接続駅となっています。自然に囲まれた地域でもあり、温泉や古墳、ハイキングコースなど自然と遊ぶことが出来る町です。また美味しいものも多くあり、季節によって多くの野菜があり、やくらい高原大根や加美こうじ味噌、ブルーベリーなど様々な食材、加工品があり、それらは町で食べ歩きをしながら楽しむことが出来ます。例えば、やくらいジェラートは、ブルーベリーや枝豆、わさびなどのオリジナルのソフトクリームがあります。ほかにこうじ味噌を使ったラーメンやジンギスカン、バイキング料理などは、加美町で採れた新鮮な野菜を豊富に使っています。また清流にいる鮎を使った鮎定食は名物の鮎が塩焼きと田楽で楽しむことが出来ます。レジャー施設も多く、川では3月から渓流釣りが解禁になり、鮎やイワナなどの釣りが季節ごとに解禁になります。ブナの原生林に囲まれたキャンプ場も3カ所あり、冬はスキーや冬まつりを楽しんでいただけます。冬だけでなく、春はハーブや桜、夏はウォーターパークや地ビール、秋はコスモスと季節を楽しんでいただけます。ハイキングだけでなく、薬萊山、船形山、翁峠には登山コースが設定されており雄大な景色を一望することができます。また打ち刃物である鍬や包丁は県の伝統的工芸品に指定されています。

加美町がおすすめする人気の特産品・返礼品

清流が育む加美町では特産品の清流米がおすすめの返礼品です。また綺麗な水と米で作られた純米酒、純米吟醸酒は人気の商品です。他には生け簀で育てたはやせ鮎を一夜干しや塩辛、味噌で漬けたものをセットにした商品や、薬萊山で育まれたわさびのセット、またやくらいコテージの宿泊券や米や梅干、醤油、国産豚肉を地元主婦が加工したソーセージふるさとの味をセットにしたふるさとの味セットと地元に密着した商品を数多く揃えております。

加美町のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税を通し、いただいた寄付金は市の長期総合計画に掲げた町づくりのために活用させて頂きます。具体的には定住人口3万人確保のため、子育て支援の充実、住環境の設備、教育環境の充実、健康長寿のまちづくり、移住、定住者への支援をしていきます。交流人口が100万人都市への挑戦として、広域観光、交流拠点の整備、体験型観光の推進、スポーツ交流の振興、交通ネットワーク化の整備などを勧めています。他に特産品、ブランド品の開発や企業誘致、中心市街地の再生などにも充てさせていただきます。

宮城県 加美町の返礼品ページ

宮城県 加美町のホームページ
http://www.town.kami.miyagi.jp/index.cfm/6,4635,19,204,html