宮城県 角田市のふるさと納税のご紹介

宮城県 角田市のご紹介

角田市は宮城県の南部に位置する市で、市内の南から北に向けて阿武隈川がかかっている地域です。現在約29,700人、11,300世帯が暮らしています。当市へは東北本線から槻木駅で下車し、その後、阿武隈急行線の角田駅、お車では東北自動車道白石ICもしくは常磐自動車道山元ICよりお越しいただけます。古くから水稲を中心とした水田農業が盛んでしたが、他にも牛乳や食用牛、豚、鶏そして鶏卵などの畜産物や果物や花など、多くの第一次産業が営まれています。また産直活動による消費者との交流もあり、そこから生まれた安心で安全な各種農作物と、環境保全型農業への取り組みが浸透し、多くの農作物は高い評価を得ることができました。そこでさらに高い商品価値を目指す為、角田ブランドを立ち上げ、農業だけでなく、暮らしや観光など多くの観点から角田を知っていただき、楽しんでいただけるよう努めています。多くの農作物がありますが、県内でも有数の大豆の産地であり秘伝豆大豆、ミヤギシロメ大豆、小粒大豆の名声が高く、あぶくま納豆、あぶくま豆腐作りの発祥の地として知られています。また秘伝豆は香りがあり甘味もあり、また薄皮が他の豆と比較しても薄く、名物のずんだを作るのに非常に適している品種として人気があります。ですから毎年ずんだ祭りが開催されており、ずんだもちだけでなく、味噌や納豆、豆腐、おもち以外のスイーツなども販売されています。他にも市内で作られたお米や雑穀、日本酒、梅、クラフトビール、長芋、梨、仙台牛と様々な美味しいものがあります。

角田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

市の特産品であるミヤギシロメ大豆や、にがりなどがセットになったあぶくま豆腐手作りセットや、ずんだを使った大福、野菜の詰め合わせが人気ですが、阿武隈川の肥沃な土が育てた長芋は独特の粘りとコクがあり、おすすめの返礼品のひとつです。また他にお米と梅干のセットやブルーベリーのジャムやジュースなどのセット、角田市で育った豚を使用したハムや地ビール、天然酵母のカンパーニュもおすすめの品です。食べ物以外には、火災警報器や救急セット、フライパンや体幹ストレッチ用の器具などもあります。

角田市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税を通し、いただいた寄付金は市の長期総合計画に掲げた町づくりのために活用させていただきます。具体的には定住人口3万人確保のため、子育て支援の充実、住環境の設備、教育環境の充実、健康長寿のまちづくり、移住、定住者への支援をしていきます。交流人口が100万人都市への挑戦として、広域観光、交流拠点の整備、体験型観光の推進、スポーツ交流の振興、交通ネットワーク化の整備などを勧めています。他に特産品、ブランド品の開発や企業誘致、中心市街地の再生などにも充てさせていただきます。

宮城県 角田市の返礼品ページ

宮城県 角田市のホームページ
http://www.city.kakuda.lg.jp/seisaku/pagek00055.shtml