宮城県 岩沼市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

宮城県 岩沼市のご紹介

宮城県、岩沼市は宮城県の中央部に位置します。県庁所在地である仙台市からは南に18キロの所にあります。市の真ん中を阿武隈川が流れ、観光資源には事欠かない東北の別天地でした。あの7年前が来るまでは。まだ記憶が新しい東日本大震災では、他の市と同じく震災を受けました。その被害は甚大で、大津波により多くの命が失われました。メディアでは気仙沼など比較的大きな地域が被害の矛先として取り上げられていますが、実はこの岩沼市も大きな悲しみに暮れた所だったのです。しかし、市民や自衛隊や、ボランティアの懸命な努力で復興に向けて逞しく動き始めています。元々のどかで、風光明媚な海辺の景色に風評があったこの岩沼市が観光の源となったのは「東北を旅すれば必ず岩沼を通る」と言った名文句が謳われたように、江戸時代には東街道、奥州街道、陸前浜街道の旧街道の宿場町として全国各地から旅人で賑わいました。そんな歴史的にも情緒豊かなこの町は松尾芭蕉や、司馬遼太郎などがこよなく愛した地でもあるのです。また伊達家所縁のお寺である竹駒神社、金蛇水神社の境内では樹齢300年を誇る九龍の藤が、見事に咲き誇る姿はまさに感動です。仙台空港は東北の玄関口であり、飛行機に乗らない人もグルメを始め、思う存分楽しめる趣向が凝らされています。まるで空港の中のデパートで、子供さんから大人まで堪能できます。そしてご当地の特産品も地酒「名取駒」を始め、農林大臣賞を受賞した漬物の王者奈良漬けなどまさに酒どころ東北の名を知らしめる特産品の一つです。人口44300人の市民が皆さんのお越しをお待ちしております。

岩沼市がおすすめする人気の特産品・返礼品

同市に応援寄付金をすると、どんな返礼品が待っているのでしょうか。中でも人気が高い特産品の一部をご覧ください。まずおすすめなのは、銘米ひとめぼれです。原材料や、栽培方法を公開して、作った人の自信のほどが伺えます。続いては日本酒好きには堪らない、大吟醸酒奴さん、純米大吟醸酒翔鳳、そして岩沼市の名産中の名産、奈良漬けのセットです。特に奈良漬けはその味付けと、歯ごたえがそこいらのものとはちょっと違い人気の的となっています。しかし奈良漬けが特産品というのは少し驚きでした。そして極めつけは岩沼屋ホテル平日限定宿泊券です。無料送迎もついており至れり尽くせりの返礼品ではないでしょうか。

岩沼市のふるさと応援寄附金の使い道

多くの方から頂いた応援寄付金の使い道を岩沼市は大切に利用させて頂いております。1、地域・産業振興 2、環境保全・文化財保護 3、健康・医療・福祉 4、観光・交流・定住促進 5、安全・安心・防災 6、教育・人づくり 7、その他 特に4の定住促進は市の重要課題で、人口減少に歯止めを駆けるための意気込みを町全体から感じ取れます。皆さんも是非この美しき地を訪れ、何かを感じ取って頂きたいです。震災になんか負けていられません。

宮城県 岩沼市の返礼品ページ

宮城県 岩沼市のホームページ
https://www.city.iwanuma.miyagi.jp/shisei/gienkin/index.html