三重県 津市のふるさと納税のご紹介

 

三重県 津市のご紹介

津市は三重県中部に位置する、県庁所在地です。また日本一短い市名としても知られています。伊勢平野の中心部にあり、三重県内で最も大きな面積であり、その広さは東京23区や琵琶湖とほぼ同じ大きさです。伊勢湾と奈良県に面しており海も山もある地域です。その歴史は古く、平安京の時代には需要な港として機能していたほどで、江戸時代に唄われた民謡である伊勢音頭には、津は伊勢で持つ、伊勢は津でもつ、尾張名古屋は城でもつと唄われています。伊勢参りの宿場としても栄えていました。現在は約28万人が暮らしており、造船所や誰もが口にしたことがある食品会社の本社がある地域です。JR名松線と紀勢本線、近鉄名古屋線と大阪線、伊勢鉄道伊勢線など多くの電車を利用することができ、伊勢自動車道を通って津ICにくることができます。多くの寺社仏閣があり、また古き良き街並みも多くあり、街並み保存地区として伊勢街道、一身田寺内町、奥津、常夜灯の4つの区があります。また季節の花も美しく、三多気の桜の名勝や梅園、藤棚、アジサイ園、花ショウブ、コスモス、紅葉などもあります。温泉も多く、青山高原や錫杖湖など見所や遊び処が満載です。他にも伊勢の海県立自然公園では、海水浴やヨットなど日本最大級の公共マリーナがあり、競艇場もあります。美味しいものも多く、イチゴ大福や津ぎょうざ、また名古屋の方が有名になりましたが、一説では、味噌カツ、天むす、ひつまぶしはそもそも津が発祥とも言われています。

津市がおすすめする人気の特産品・返礼品

名物、銘菓が多い津市ですが、すき焼き用松坂牛や、伊勢湾の海苔の詰め合わせ、美杉地区で育ったお茶や、津に本社を置く食品会社が作ったようかんなど、多くの食品が返礼品としておすすめができます。また特産品である津ぎょうざやひさい梨、スイーツキウイなども人気の品となっています。他にはお米やお酒、青山高原ハムブランドのソーセージセットやハンバーグ、はちみつやカステラ、ジャムなど美味しいものが非常の多いです。また伝統工芸の安濃津ばきといわれる履物や優れた吸水性のおぼろタオルなどもご用意しております。

津市のふるさと応援寄附金の使い道

三重県津市へふるさと納税でいただいた皆様の寄付は市の発展や文化の保護、街づくりの為以下の事業から使い道を選択していただいております。1. こどもたちが未来にむかって輝く町づくり、2. 歴史と文化を未来に伝えるまちづくり、3. 自然環境を生かし、未来へつなげるまちづくり、4. 津城跡の整備、5. 多気北畠市城館跡周辺のまちづくり、そしてそのいずれでも任せていただくという選択があります。これらの使い道は、環境と共生し、心豊かでげんきあふれる美しい県都づくりを目標としております。

三重県 津市の返礼品ページ

三重県 津市のホームページ
http://www.info.city.tsu.mie.jp/www/contents/1001000006911/index.html

SNSでもご購読できます。