三重県 鳥羽市のふるさと納税のご紹介

 

三重県 鳥羽市のご紹介

三重県にある鳥羽市は人口2万人ほどで、世界で初めて養殖真珠を育てるのに成功した市としてとても有名です。三重県の南東部に位置していて西には伊勢市、南には志摩市があります。
真珠と海女はこの市の代表的な象徴で、海中の真珠を潜ってとるスタイルの海女の実演などは、古くから観光シーンとして有名です。

美しい海に囲まれたその全域は、現在では伊勢志摩国立公園に位置している海洋都市であり、古くは鳥羽藩の城下町として、明治からは志摩地方の中心として経済発展をしてきました。
この地域の特徴であるリアス式海岸である地形を利用した文化や産業が根付き、海の幸や自然も豊かで気候も温暖のために、過ごしやすい地域です。

鳥羽市内には200以上の宿泊施設や観光地が点在しており、多くの方が毎年訪れています。
観光スポットとしては、ミキモト真珠島、鳥羽水族館、市立海の博物館、志麻マリンレジャーなどをはじめとした、陸海両方を使った楽しみ方があります。
地域でのイベントも多く夏には鳥羽港まつり、秋には二船祭りなどが知られています。

特産物としては、やはり真珠を使ったアクセサリーは有名ですが、伊勢エビなどその他豊富な海の幸の土産物なども人気があるところです。

鳥羽市へのアクセスは、新幹線の利用だと東京から名古屋駅までが1時間40分、そこから国鉄でさらに1時間ほどのところに鳥羽駅があります。また飛行機のご利用の場合には、中部国際空港で、羽田から70分で到着します。

鳥羽市がおすすめする人気の特産品・返礼品

鳥羽市での特産品としては、古くからの地場産業として有名な真珠製品に人気があります。ふるさと納税返礼品としては、「あこや真珠のペンダント」等があります。
その他にも感謝優待券や海産物、地酒や牛肉などといった幅広い返礼品が約200品あります。
新しく加わった地酒では「鳥羽物語」、鳥羽一郎の焼酎である「壱八壱六」、伊勢志摩サミットの乾杯酒といったものがおすすめです。

鳥羽市のふるさと応援寄附金の使い道

三重県の鳥羽市へのふるさと納税に対する寄付金は、有益なふるさと創りを行うために以下の事業から使途を選択して頂き、ふるさと創生基金の積み立てをして、鳥羽市にとっての有効的な活用をされます。1.子育て支援や学校教育の充実のための活用2.水産振興と地域資源のための活用3.離島振興と定住人口の対策のために活用4.高齢者の市民が安心して暮らせる安全なまち創りのための活用5.その他での事業で市長が必要と認める活用 などの選択肢があります。

三重県 鳥羽市の返礼品ページ

三重県 鳥羽市のホームページ
http://www.city.toba.mie.jp/zaimu/furusato/html/index.html

SNSでもご購読できます。