三重県 玉城町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

三重県 玉城町のご紹介

玉城町は、三重県度会郡にある町で、古来より伊勢参宮の宿場町・世界遺産である熊野古道の街道起点の要衝として栄えた町です。田丸城跡が町のシンボルとしてあり、北畠親房・北畠顕信によって築かれた。明治維新の際に田丸城の建造物は取り壊されており、公共施設や玉城中学校が城跡内に建てられている。1970年代約1万人程度の人口であったが、現在は約1万5千人にまで増加している。町のキャラクターでまつり博三重の開催の時に城之助と玉夢君は誕生した。城之助は、城跡の石垣の力強さをイメージしています。玉夢は、夢・未来と希望をイメージしており桜の妖精です。新しいキャラクターとしてのたままるくんは、町制60周年と天守閣築城から440年を迎えたのを記念して誕生しました。たままるくんは、兜の大きな注連縄・軍配の大賀蓮・玉城豚の特徴があり玉城町をPRしています。観光スポットとして、アスピア玉城ふれあいの館や村山龍平記念館があります。名所として、田丸城跡以外にも塚田古墳群・田丸道遺跡・狭田国生神社・鴨神社・鴨下神社・津布良神社・小社神社・坂手国生神社など数多く存在しています。1993年には沖縄県南城市と姉妹都市の提携を結んでいる。玉城町の新企画として、たまきごはん&たまきスイーツは、地元で育った食材を地元ならではの料理で食することができます。町内の多くのお店が参加して自然豊かな土地で育った食材の美味しさや魅力を多くの人たちに伝えるための活動が盛んです。

玉城町がおすすめする人気の特産品・返礼品

特産品の「玉城豚のとんてきセット」は自然豊かな土地で、丹精込めて健康に育っておりジューシーで臭みがないのが特徴です。伊勢神宮の外宮にも奉納されており人気の商品です。「玉城産米伊勢ごころ」は、温暖な気候や恵まれた土壌で宮川を水源に育てられています。通常のものよりも大きく粒ぞろい米だけを厳選しておりおすすめです。「お城最中詰合せ」は、中村屋が考案謹製し吉祥庵が引き継いでいます。お城をかたどってあり、香ばしい皮や北海道産小豆のあんこを使用している返礼品です。

玉城町のふるさと応援寄附金の使い道

三重県玉城町に頂いた寄付金は、子育て支援や青少年の健全育成・教育の環境整備、スポーツ・文化・芸術活動などの支援、健康づくりや福祉の充実・障害者の支援を行う地域福祉の推進、景観や緑・水辺の環境保全、安全で安心なまちづくりの推進やボランティア・市民活動の支援、産業の振興・祭りやイベントの支援を行い活力に満ちたまちづくりを推進といったテーマの中から寄付者に使い道を選んで頂くようになっています。特に指定がない場合は必要な事業に使われます。

三重県 玉城町の返礼品ページ

三重県 玉城町のホームページ
http://kizuna.town.tamaki.mie.jp

SNSでもご購読できます。