京都府 宇治田原町のふるさと納税のご紹介

 

京都府 宇治田原町のご紹介

宇治田原町は、京都府にある人口が約9,074人の町です。京都府綴喜郡にある町で隣接する自治体には宇治市、久世郡久御山町、相良郡和束町そして滋賀県の大津市や甲賀市があります。
町内には鉄道が走っていないので別の市から車やタクシーでアクセスをします。一番近い最寄りの駅は城陽市の山城青谷駅となっています。
バスは各主要の駅から30分から1時間に1本ほどの間隔で走行をしています。またバス停が無くなった地域でも、町の助成で運営を行っているコミュニティバス、もしくは待ち直営の福祉バスなどがあります。福祉バスはお年寄りの足として利用されていて住民の方に大変喜ばれています。
車でのアクセスは新名神高速道を利用します。現在、事業中である宇治田原ICを利用していただきます。

宇治田原町はお茶が有名です。このお茶は江戸時代に青製煎茶製法が永谷宗円によって開発されたと言われています。日本緑茶発祥の地として、現在でも府内の宇治茶の主要部分の一角を占めているのがこの町です。
他には古老柿というものもあります。毎年11月頃になると柿屋というものを建てて渋柿を乾燥させています。表面に白い粉が出るまで乾燥させれば完成で12月中旬には府内のスーパーや地元の茶屋などで購入することができ、お土産としても人気となっています。

町内の約7割は山林になっていてとても自然あふれる地域となっています。その中でもスギとヒノキが5割以上を占めていてお茶と並んで林業が腫瘍の産業となっています。

宇治田原町がおすすめする人気の特産品・返礼品

宇治田原町の返礼品は、特産品でもある宇治茶の抹茶お点前セットが人気となっています。昔から趣味でお茶をたてる方も多くいますが、お点前セットがあれば自宅でも気軽に美味しいお抹茶を飲むことができます。京都府知事賞を5回も受賞した農園の、原木しいたけのオーナー制度という返礼品もあります。美味しいシイタケの原木のオーナーになれるということで、おすすめとなっています。それ以外には、くつわ池キャンプ場にあるトレーラーハウスで1泊できるものなどもあります。トレーラーハウスでのキャンプをしてみたい方には嬉しい物です。

宇治田原町のふるさと応援寄附金の使い道

宇治田原町のふるさと応援寄付金は、次世代を担う子供たちの施策の推進に活用されています。教育環境の質を上げることや学校内の施設の充実化など様々な活動に利用されます。図書館の本を増やしていったりもできます。また、子育てに関する自治体に寄付を利用することによって子供を産みやすいまちづくりを目指しているそうです。他にも、新しい学用品を購入することによって、子供たちが授業に対して楽しみながら取り組みが出来るように補助をしています。

京都府 宇治田原町の返礼品ページ

京都府 宇治田原町のホームページ
http://www.town.ujitawara.kyoto.jp/0000000064.html

SNSでもご購読できます。