熊本県 宇城市のふるさと納税のご紹介

 

熊本県 宇城市のご紹介

宇城市は、ほぼ熊本県の中央部に位置します。県都、熊本市の中心部から南へ約15kmで、宇土半島の西側から南側へかけてのエリアと八代海北側の沿岸から内陸のエリアを占め、八代海を挟んで南側の戸馳島も市域とします。宇土半島の先端に位置する郡浦地区の三角町にある三角港は、かつて熊本県の海への玄関口、天草諸島へ玄関口として栄えました。三角港は西港と東港に別れており、そのうちの西港は、世界遺産明治日本の産業革命遺産の構成資産のひとつとなっており港の一部は港湾史跡で明治の港湾施設が当時のまま残っている国内唯一の港です。宇城市の特産品には梨・ブドウ・柿・メロンなどのフルーツや海産物や野菜などが地区ごとに豊富にあります。特に、「デコポン」は宇城を代表する特産品で、長年の研究により「ポンカン」とスイートオレンジと温州ミカンの中間「清見」の交配で生まれたかんきつ類で、その品種名は「不知火」といいます。この「不知火」のうち、クエン酸と糖度の基準をクリアしたものだけを「デコポン」と呼び、全国へ出荷されています。出荷に至るまでに、まず収穫された「不知火」が一つひとつ光センサーにかけられ、基準を満たす合格品だけが「デコポン」として出荷されるので高品質を誇ります。また、品質だけでなく、デコポンの普及や全国への認知度アップへ取り組みが評価され平成14年にはJA熊本うきのデコポン部は、「第31回日本農業賞」の集団組織の部で大賞を受賞しました。

宇城市がおすすめする人気の特産品・返礼品

宇城市民以外の方の寄附に対して寄付金額に応じた返礼品が送られます。返礼品のメニューには、特産品のかんきつ類を中心とする季節のフルーツや野菜の箱詰めが人気で、レモンやライムの果汁をふんだんに使ったポン酢などの調味料もあります。その他、肉類のメニューが豊富で馬刺しやブランド牛のスライス肉などがあります。馬刺しはヘルシー志向の方にもおすすめで、馬肉の消費量日本一、馬肉の本場熊本県ならではの確かな品質のとろけるような旨味を堪能することができます。

宇城市のふるさと応援寄附金の使い道

宇城市への寄附は使い道を選ぶことができ、各事業分野の推進のために活用されます。事業は「環境循環型社会の構築」に関する事業、「質の高い教育、文化の向上」に関する事業、「健康づくり」に関する事業、「地場産業の育成と雇用の促進」に関する事業、「観光の振興」に関する事業、その他目的を達成するため市長が必要と認めた事業、などの6事業です。その他、平成28年に発生した熊本地震による災害からの復旧支援に対しての寄付も受け付けています。

熊本県 宇城市の返礼品ページ

熊本県 宇城市のホームページ
http://www.city.uki.kumamoto.jp/q/list/67.html

SNSでもご購読できます。