熊本県 南関町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

熊本県 南関町のご紹介

南関町は熊本県の北西部に位置し、玉名市、荒尾市、玉名郡和水町、福岡県大牟田市、福岡県みやま市と隣接していて、福岡空港から高速バスを使用して約1時間で到着します。九州縦貫高速自動車道の南関インターチェンジがあるので交通の便が良く、県北の玄関口として栄えています。そして、自然に恵まれているので農業がとても盛んです。「南関米」は名産品の1つで、阿蘇方面に降った雨が染み込んだ美味しい地下水で育てています。また、冬には氷点下になり、夏になると昼は日照時間が長くて暑く、朝と夕方は涼しいので、この寒暖差が美味しいお米を作るのに適しています。また、南関町では「南関あげ」も有名で、1675年ごろから始まったと伝えられていて歴史は長いです。大正時代は身が厚くて幅が狭かったようなのですが、夏場に腐らぬよう長期保存できるようにと考案して豆腐を薄くしたものが、今の南関あげの原形になったと言われています。こちらを使用した郷土料理もいくつかあり、巻き寿司を南関あげで巻いた昔からのもてなし料理「南関あげ巻きずし」、甘辛く煮た南関あげを玉ねぎと共に卵でとじたご当地グルメ「南関あげ丼」など様々な形で楽しめます。他にも、250年ほどの歴史がある「南関そうめん」や、400年もの歴史を誇る焼き物「小岱焼」も南関町の名産品として挙げることが出来ます。年間を通して窯元(寂窯、三池焼、末吉窯、小代焼岱平窯、松風焼野田窯)にて陶芸教室が行われているので、観光の一部として体験する方も非常に多いです。

南関町がおすすめする人気の特産品・返礼品

南関町の美味しいお水で丹精込めて作った「南関町の米ヒノヒカリ玄米」や「特別栽培米」がとても人気ありますし、神社祈願をした「難関突破米」、ミネラル肥料で栽培したお米「穂宝」など、お米の栽培が盛んなまちなので種類がとても豊富です。また、特産品の南関あげがたくさん詰まった「塩山の南関あげ詰合せ」や、古くから受け継がれている「南関そうめん」は絶品なのでおすすめです。他にも「みほし窪体験教室」など、貴重な体験が出来る返礼品もあります。

南関町のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと応援寄附金は、皆さまの「ふるさとを応援したい」「ふるさとを支えたい」「ふるさとに貢献したい」というあたたかい想いを寄附という形にしたものです。皆さまから頂いた大切な寄附金は、南関町の発展や活性化につながる事業に活用し、想いを形に出来たらと思っています。地域の方たちが「本当にここに住んで良かった」と誇れるような町づくりを目指して頑張ります。平成28年度より、南関町関外目にある北原白秋の母の実家の保存改修に活用致します。

熊本県 南関町の返礼品ページ

熊本県 南関町のホームページ
https://furusato-nankan.jp/