熊本県 合志市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2017/12/25

熊本県 合志市のご紹介

合志市は、熊本県の内陸北部に位置する、人口およそ6万人の市です。
熊本県の北部地域は、阿蘇の火山灰が降り積もり、栄養豊富な火山灰性腐植土に覆われているために、合志市も県内有数の農地、穀倉地帯が広がっています。
熊本市の北東部に隣接し、熊本電鉄沿線、県道、国道一帯には住宅地や商業地が広がり、市の南西部には新市街地を形成しています。
自然豊かな土地を生かし、公園が多いことでも知られており、中でも「竹迫城跡公園」、「蛇ノ尾公園」は、四季折々の花々を楽しむとともに、初夏には幻想的な蛍の光を見ることが出来ます。

毎年5月下旬頃から、上庄地区を流れる塩浸川で蛍が舞い始め、地元住民により「上庄ホタル祭り」が開催され多くの人で賑わっています。また、市を代表する公園施設として「熊本県農業公園カントリーパーク」があげられます。
「学習」、「遊び」、「開放感」、の3つの視点で、農業への理解を深める体験が数多く出来る人気スポットです。
例えば、「農業体験塾」が催され、ジャガイモ、トウモロコシ、大根等の植え付けから収穫までを体験し、農業の大切さや収穫の喜びを味わう事が出来ます。
また、「食の体験塾」では、かまどでのご飯炊きや、地元で獲れた野菜をたっぷり使い石窯で焼くピザ作り、炭火で焼くバウムクーヘン作り等の体験を通して、食べる喜びや作る楽しみが存分に楽しめます。
一年を通じて様々なイベントが催され、地域住民のみならず、観光客も多く訪れる人気施設となっています。

熊本市に隣接し、ベッドタウンとして近年は人口増加の著しい合志市ですが、阿蘇の栄養豊富な大地と地下水に恵まれた土地のため、農業、畜産が特に盛んで、その中から選び抜かれた産品を「合志ブランド」として認証する活動を積極的に行っています。
中でも、栄養価の高い飼料を与え、竹林の爽やかな空気で飼育された親鳥が産んだ「かぐや姫たまご」、そのたまごを使った「カステラ」はしっとりとコクのある一品です。

また、竹迫城(芋焼酎)の「ムラサキマサリ」、「ジョイホワイト」、「すいおう」は、それぞれこだわりの芋を原料に、芋の風味と豊かなコクが特徴の人気の名産品です。

合志市がおすすめする人気の特産品・返礼品

合志市へのふるさと納税の返礼品は、市の特産品でもある「かぐや姫たまご」が人気ですが、豊かな大地と水で育った米とかぐや姫たまごと醤油をセットにした、「たまごかけご飯セット」も人気があります。
また、黒ボクと呼ばれる火山灰性腐植土による、豊富な栄養を吸って育った「合志の旬のお野菜セット」、熊本県産の甘藷を使用した熊本の代表的なお菓子「熊本いきなり団子三種詰め合わせ」、国産100パーセントのごまで作られた「国産ごまドレッシング(白・黒)2本セット」もおすすめの返礼品です。

合志市のふるさと応援寄附金の使い道

合志市へ頂いた寄付金は、様々な事業に活用させていただきますが、主に自治、福祉、教育、生活環境、都市基盤、産業、といった6つの事業から選んでいただきます。「健康都市こうし」という考え方を課題に、それぞれの健康を十分に機能させ、市の将来像である「元気・活力・創造のまち」を実現するため有効活用させて頂きます。また、平成28年熊本地震への災害支援として頂いた寄付金は、一日も早い復興を目指し、大切に活用させて頂きます。

熊本県 合志市の返礼品ページ

熊本県 合志市のホームページ
http://www.city.koshi.lg.jp/