熊本県 荒尾市のふるさと納税のご紹介

熊本県 荒尾市のご紹介

荒尾市は、九州の中央部の熊本県北西部にあり西は有明海に面しています。北側は福岡県大牟田市と接しており、福岡市から南に約70kmの場所に位置します。世界文化遺産の万田坑があることで有名で隣の大牟田市ともに三井三池炭鉱のまちとして発展してきました。万田坑は国内最大規模の竪坑で、平成27年に万田坑を含む明治の日本の産業革命遺産として製鉄・製鋼・造船・石炭産業が、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。ガイドさんの解説がわかりやすく面白い、と人気で歴史を肌で感じられる場所として多くの人が訪れます。また、市内の緑ヶ丘にある九州最大級の遊園地「グリーンランド」は大観覧車「レインボー」がシンボルとして親しまれ、その他ご家庭向けのアトラクションや絶叫マシンなど81種に及ぶアトラクションを有しています。また、イルミネーションや花火、スタンプラリーなど、季節ごとのイベントも豊富で、家族連れやカップルはもちろん幅広い年代が楽しめる点が人気です。市の東端の小岱山から西へとなだらかな丘陵が起伏しながら連なり有明海へと続いています。荒尾干潟は平成24年にラムサール条約湿地に登録されました。有明海では初めての登録となり、熊本県内でも初となる登録になりました。荒尾市の伝統工芸品には「小代焼」があります。小代焼は荒尾に約400年前から伝えられる陶芸品で「小代焼」は、東に位置する小岱山の鉄分を多く含んだ良質な陶土が使われており、素朴な中からあふれ出る力強い作風が特徴です。その他特産品には、「荒尾梨」はやわらかい果肉の品種、ジューシーで甘味の強い品種、酸味と甘味の調和がとれた品種など、種類が豊富で時期も、8月から10月まで堪能できます。特に、昭和初めより荒尾で生産がスタートした「荒尾ジャンボ梨」と呼ばれる「新高」という品種は、大きくて甘いので贈答品として人気です。

荒尾市がおすすめする人気の特産品・返礼品

荒尾市外在住の方で荒尾市へふるさと応援寄附をすると寄附額に応じて返礼品を一つ選ぶことができます。特産品の「荒尾梨」は人気の返礼品で箱詰めの梨の他に、ジュースやゼリーなどの加工品もあり年中楽しむことができます。また、人気の観光スポット「グリーンランド遊園地」のチケットも人数やプランに応じて選べるようになっています。この遊園地に併設されているゴルフ場のプレー券もありますので、旅行のプランへのプラスにもおすすめです。

荒尾市のふるさと応援寄附金の使い道

寄附は次の内容の事業に充てられ、使い道を選ぶことができます。「歴史と文化の振興事業」は、「万田坑」や「宮崎兄弟の生家」などの歴史と文化を活かしたまちづくりに取り組みます。「地域の元気づくり事業」は、市民と行政との協働のまちづくりやふるさとの元気づくりをします。「子育て支援事業」は、教育環境の充実と子育て支援などです。「生きがいと医療・福祉の支援事業」は、市民が活き活きと暮らし続けられる生きがいづくりや健康づくりを行います。「自然・環境保全事業」は、「荒尾干潟」や「小岱山」などの豊かな恵みを大切にし活かします。「市長におまかせ」は希望と志にあふれるまち「しあわせ創生あらお」の実現に取り組みます

熊本県 荒尾市の返礼品ページ

熊本県 荒尾市のホームページ
http://www.city.arao.lg.jp/q/list/344.html