高知県 大月町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

高知県 大月町のご紹介

大月町は高知県の西南部、太平洋に面した町で、足摺宇和海国立公園に指定されています。北側を宿毛町、東側を土佐清水市、西側は豊後水道、増毛湾に囲まれた風光明媚な地域です。その為、リゾートホテル、オートキャンプ場などの設備が多く、最近では修学旅行の誘致にも力を入れています。本島と橋で結ばれた「柏島」は、約数千種類の魚類が生息していることから、磯釣りやダイビングが楽しめる場所として全国的に知られています。松竹映画「釣りバカ日誌14」の舞台としても一躍注目されました。また、樫西海中公園の指定を受ける「樫西海岸周辺」や世界的な彫刻家流政之氏が制作した彫刻「雲が辻」など、数々の観光スポットが点在しており、美しい景観が訪れる人の目を楽しませています。町では100年以上受け継がれてきた祭事「竜ヶ迫の獅子舞」が昭和33年、町の無形文化財に、昭和44年には県無形文化財に指定されています。後継者がおらず、一時は途絶えていましたが、大月町郷土芸能伝承保存会が受け継ぎ、今では町の様々なイベントで披露されています。農業と漁業が盛んな大月町の特産品は黒潮の恵みを受けた「ハマチ」、「タイ」、「アジ」などの魚介や「キビナゴ」、「イカ」といった干物、農産物では良品質の「柿」や「ブンタン」、日陰干しの芋を加工した干菓子「ひがしやま」が人気です。そのほか、古くから珊瑚にまつわる伝説が多く残っており、昔から珍重されてきました。最高級の赤珊瑚のアクセサリーはお土産品として、海外からの観光客にも好評です。

大月町がおすすめする人気の特産品・返礼品

高知県大月町のおすすめの返礼品は漁業が盛んな町の特産品である「大月育ち 本マグロ 赤身セット」が全国の家庭に好評を得ています。赤身までたっぷりと脂がのっており、刺身として食べるのはもちろん、丼にしても美味しいと評判です。また3種類以上の干物が入った、「厳選干物セット ミニ」も酒のつまみやご飯のお供としておすすめです.そのほかには「大月のお芋詰め合わせ」も7種類の今の中からお好みで3種類選べるので人気があります.

大月町のふるさと応援寄附金の使い道

大月町では皆様に頂いた返礼品の寄付金をふるさと創生基金に積み立てをし、よりよいまちづくりの為の事業に活用させて頂きます。事業の内容は大月町の元気な子ども達の育成や教育、福祉、医療、建築や定住、雇用保険など町の発展を支える地域産業の復興、または公園や景観を守り、防災や町民が心安らぐ環境づくりなどの事業に役立てたいと考えております。また、そのほかに町長が必要だと判断した事業にも有効活用させて頂きます。

高知県 大月町の返礼品ページ

高知県 大月町のホームページ
http://www.town.otsuki.kochi.jp/topics/furusatonouzei.html