高知県 奈半利町のふるさと納税のご紹介

高知県 奈半利町のご紹介

奈半利町は、高知県の南国インターチェンジを降りて、海岸線沿いに国道を東に50kmほど行ったところにあります。
人口は3,542人(2010年時点)、面積は28.36平方メートル(2014年時点)で、北東には野根山があり、海、山、川が揃った起伏に富んだ地形の自然豊かな町です。

古くから交通の要衝として栄えてきた町でもあり、土佐日記には「那波の泊」として記されています。
町のあちこちには旧跡や寺院があり、琵琶ヶ滝をはじめとした多くの滝、古民家が立ち並ぶ町並みなど、自然と歴史がミックスした美しい風景を見ることができます。

「奈半利町港まつり」は毎年8月16日に開かれ、地域の人々にとってなくてはならないものとして定着しています。祭りでは、参加体験型のプログラムも企画されます。
また、打ち上げ場所と会場が近いため、大迫力が感じられる打ち上げ花火がこの祭りのメインイベントです。

海に面した町であることから、海にまつわるイベントも多く企画されています。
沖合200mのところで観測できる、学術的にも大変意義のある「瑚湖ウォッチング」や、美しい珊瑚や魚たちを間近で眺められる「シーカヤック&シュノーケリング体験」は人気です。
美味しく澄んだ空気の中で育まれた「奈半利米」は日本一美味しいと言われ、奈半利町が誇る名産品です。

海に面した高知県ならではの名産品として、カツオのたたきやキンメダイのたたきなど、新鮮な海産物も楽しめます。

奈半利町がおすすめする人気の特産品・返礼品

ふるさと納税の達人に「日本一美味しい」とコメントされた奈半利米は、豊かな自然の中で育まれたおすすめの返礼品です。
海に面していることから、新鮮な海産物も豊富に水揚げされており、名産として有名なカツオのたたきや珍しいキンメダイのたたき、刺身のセットも人気です。
奈半利町の特産品を詰め込んだお楽しみコースは、年に何回かに分けて定期的に、その時々に旬を迎える美味しい特産品の詰め合わせを届けてもらえる人気の返礼品です。

奈半利町のふるさと応援寄附金の使い道

高知県奈半利町にふるさと納税で寄せられた皆様からの寄付金は、奈半利町をよりよくしていくために、以下の4つの使途の中から選択して頂いて積立てしたものを利用させていただいています。

1、お祭りなどのイベントの開催や古い町並みの保全、サンゴなどの自然保護
2、地場産業を生かして奈半利町ブランドを開発したり、特産品の価値を高めて広く世に発信していくこと
3、地域に根ざした特色のある教育を行い、次世代の子どもたちの健やかな育成をすること
4、その他、よりよい町づくりを行うためのさまざまな活動

高知県 奈半利町の返礼品ページ

高知県 奈半利町のホームページ
http://www.town.nahari.kochi.jp/