高知県 北川村のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

高知県 北川村のご紹介

北川村は高知県にあり、野友村や加茂村が合併してできた村になります。最寄りの鉄道駅は、奈半利駅になります。以前は、魚梁瀬森林鉄道が通っていましたが、現在は廃止されています。バスは村営バスが走っていますが1日数便のみの運行で、日曜日は運休となっています。村の観光スポットには「モネの庭」があります。こちらの庭は、モネが愛したとされている、フランスのジヴェルニーの庭をモデルとして造られています。色とりどりの睡蓮やきらめく水面、バラのアーチなどがあり、散策するととても気持ちが良く、四季折々の自然が楽しめます。庭園内には、カフェやショップもあるので、散策の後に立ち寄れます。その名の通りモネが暮らしていた家をモチーフにしてつくられた「モネの家」というカフェでは、北川村の食材を使った料理やドリンクが楽しめます。テラス席もあるので、天気のいい日には高知の自然を眺めながら食事ができます。「手づくりパン工房」では焼き立てのパンの他に、アイスクリーム、クッキーなどもあります。「ギャラリー・ショップ」には、モネの絵画(複製)や展示品などが置かれ、ガーデニングの書物や映像を観ることができ、モネのグッズやガーデニング雑貨もあります。「フラワーハウス」には、庭の花の苗を育てていて、花のお手入れもこちらのスタッフが行っています。こちらでは、睡蓮をはじめとした、季節の花の販売も行っています。その他にも、「北川村温泉」や「中岡慎太郎館」といった観光施設もあります。

北川村がおすすめする人気の特産品・返礼品

北川村の特産品はゆずやゆずを使用した製品です。ふるさと納税の返礼品で、人気がありおすすめのものは特産品でもある「自然農法ゆず玉」です。「かんばもち」という干し芋をお餅に突き込んで作られた商品も他にはないものなので人気があります。食品の他にも、北川村の観光スポットである「モネの庭」オリジナルグッズにはフラワークリアファイルやポストカードがセットになっていて、「中川慎太郎館オリジナルグッズ」には図録や読本がセットになっていておすすめです。

北川村のふるさと応援寄附金の使い道

皆さまから頂いた寄附金は様々な事業に活用させて頂きます。ゆずの生産性向上を図るための基盤整備や、後継者不足の解消に向け、新規就農者の育成の推強化を図ります。また、村内事業者の外商活動や販路拡大に向けた取組みに活用します。河川環境の維持や山林を保全する取組みに役立てます。教育・文化の振興に役立て、「中岡慎太郎館」を高知県東部で唯一ある博物館として展示資料を充実させて集客者数の向上を図ります。村内の児童生徒数は減少傾向にあるので、少人数だからこそ取り組める地域教育の推進と学力向上のための取組みに役立てます。その他にも村長が必要と認めた事業に役立てていきます。

高知県 北川村の返礼品ページ

高知県 北川村のホームページ
http://www.kitagawamura.jp/hurusato/