神奈川県 逗子市のふるさと納税のご紹介

 

神奈川県 逗子市のご紹介

逗子市は、神奈川県三浦半島の付け根に位置し、人口は約5万8千人の市です。市のキャッチフレーズが「太陽が生まれたハーフマイルビーチ」で、1998年5月23日に放送された「出没!アド街ック天国」というテレビ東京の番組内で、街のキャッチフレーズを作る企画で生まれました。また逗子市役所は近年業務のICT化に注力して、2013年11月の議会から参加する議員や職員が全員タブレット端末を利用し、審議を行うという「オールタブレット議会」を初めて実現しました。このことで自治体でのタブレット端末を導入するきっかけになり、同市には全国から視察団が相次いで訪れています。北西部に鎌倉市と南部には三浦郡葉山町、東部に横須賀市の北部が位置しており、北東部では横浜市にも隣接しています。東京と横浜のベッドタウンとして発達し、1965年に造成開始された披露山庭園住宅は、新興の高級住宅街として知られています。そこで多くの著名人が付近に自宅を構えており、邸宅が建ち並んでいます。そして鎌倉や葉山とともに海水浴場が有名な観光都市です。見所の場所は延命寺や披露山公園に逗子海水浴場、逗子マリーナなど沢山あります。延命寺は北条時頼の夫人が建てた寺で鎌倉駅からも歩いて5分ほどの距離にあり、身代わり地蔵や狸の墓など面白い逸話があって見応えがあります。また前述した披露山庭園住宅近くの披露山公園は絶景スポットとしても有名で、園内には猿山もあり、小さなお子様も楽しめる公園です。逗子と言えばやはり有名なのは海水浴場で、昔から家族連れに適している海水浴場として有名です。逗子マリーナはリゾートエリアで、マリンスポーツにプール、テニスなど多彩な楽しみ方があり、都心から約90分で訪れることができるリゾート地です。

逗子市がおすすめする人気の特産品・返礼品

逗子市がおすすめする返礼品は穏やかな雰囲気が素晴らしい逗子海水浴場でのSUPやヨガ、ウィンドサーフィン、カヤックやヨット体験といった今人気のアクティビティを中心とした体験型の返礼品です。またサーフショップでの購入割引券やまた特産品のサザエやスズキヤ特選の加工肉のセットや厳選野菜などもあります。数々のおしゃれなレストランや菓子店の名品もずらりと並び、人気デザイナー鈴木英人氏がデザインしたラベルのFMビールなどもあります。

逗子市のふるさと応援寄附金の使い道

逗子市の応援寄付金の用途は以下の事業から寄付者が指定することができます。「自然に生かされながら、自然を生かすまち」、「コミュニティに支えられながら、コミュニティを支えるまち」をモットーに、市の魅力を高めていくことを目指す事業ばかりです。1共生、そしてふれあい溢れるまちづくりのための事業2共に学びんで共に育つ共育のまちのための事業3自然と人間を大切にしたまちづくりを目指す事業4安全かつ安心で快適な暮らしを支援するまちづくりの事業5新しいまちの姿を示す市民主権の事業​6自然環境の保全と緑化推進に関する事業以上6つの事業より指定できます。

神奈川県 逗子市の返礼品ページ

神奈川県 逗子市のホームページ
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/zaisei/hurusato.html

SNSでもご購読できます。