神奈川県 横浜市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

神奈川県 横浜市のご紹介

神奈川県横浜市は、東京都心から30キロくらいの所に位置していて、東京湾に面しています。中区や鶴見区など18区からなり、373万人が住んでいて東京23区の次に人口が多い都市です。神奈川県の県庁所在地でもあり中区に県庁があります。市役所も中区にあります。20大学6短期大学とたくさんの専門学校が設置されており、若い人が多いのも特徴です。映画やドラマの舞台になることもよくあります。新横浜駅には東海道新幹線か停車します。横浜市から一番近い空港は羽田空港です横浜駅から羽田空港まではJRや私鉄を乗り継いでいくことができますが、横浜駅からバスが出ています。国際空港なら成田空港です。横浜駅には東海道線、京浜東北線や横浜線。相鉄線や市営地下鉄もあります。観光地では山下公園や外人墓地、赤レンガ倉庫、横浜スタジアムや中華街、ラウンドマークやベイブリッジなどたくさんがあります。異国情緒にあふれる街ですが、工業も盛んで京浜工業地帯で中核を担っています。そのため海岸のほとんどは埋め立てされた人工的なものになっています。交通の便かいいため、日産自動車や古川電池などの上場企業が本社を横浜においています。名産品では中華街の月餅や崎陽軒のシュウマイが有名ですが中華まんやレーズンサンドも名産です。横浜市の周辺には川崎市、東京の町田市、鎌倉市や藤沢市です。川崎市も京浜工業地帯を担っています。鎌倉市には鎌倉大仏や藤沢市の湘南の海岸が有名です。

横浜市がおすすめする人気の特産品・返礼品

ふるさと納税とは、応援したい自治体にお金を寄附し、役立ててもらう制度です。例えば横浜市の動物を応援するメニューを選んで一定の金額の寄付をしたら動物園の年間パスポートが返礼品としてもらえるのです。小さな子どもがいて動物園によく行く家庭には人気です。ですから動物応援メニューをおすすめします。横浜港を応援したいときも一定の金額以上を寄附したら横浜みなと博物館の招待券がもらえるのです。特産品の野菜を頂くのもうれしいものですがこういうものもうれしいです。

横浜市のふるさと応援寄附金の使い道

動物の応援の場合、海外から動物を導入し、絶滅危惧種野生動物の保全と繁殖をするために使われます。横浜動物園基金を設置して運用しています。横浜港を応援する場合は港近くにある市民が使える施設の保全・運用に使われています。もっとにぎわう街にすることをめざしています。横浜消防を応援する場合は消防車両救急車両や資機材の整備に使われています。災害時の医療を安定的に供給できるようにしているので、どれもが将来の横浜市の繁栄が楽しみです。

神奈川県 横浜市の返礼品ページ

神奈川県 横浜市のホームページ
http://www.city.yokohama.lg.jp/zaisei/kifu/