神奈川県 鎌倉市のふるさと納税のご紹介

神奈川県 鎌倉市のご紹介

神奈川県鎌倉市は、横浜市南西・藤沢市の東・逗子市の北西、三浦半島西の付け根に位置しており、南は相模湾に面しています。
三方を低い山で囲まれた海に面している立地で、かつては幕府が置かれていました。
江戸時代後期には地域内の寺社が多くの参詣客を集めていましたが、明治初期の段階でも鎌倉大仏や長谷寺を擁する長谷地区に都市的な集落が分布するのみで、現在の中心市街地は形成されていませんでした。
人口はおよそ17万3千人前後と、都心へ行くにも便利な環境であることから増加傾向にあります。

鎌倉市では「ササリンドウ」が市章になっています。
リンドウは、秋に紫の花をつけ、乾いた産地や草地に生えている多年草で、葉は笹に似て対生します。
市の花になっているヤマザクラは、春には新葉とともに白い花が開きます。
昔から和歌などで多く読まれるなど、日本人に愛されています。
かつては鎌倉の山にも多くあり、薪や炭材として使われていましたが、現在も山の至る所に残っており、春になると見事な花が楽しめます。

観光地としても有名な鶴岡八幡宮は別名「鎌倉八幡宮」とも呼ばれています。
武家源氏、鎌倉武士の守護神で、鎌倉初代将軍源頼朝のゆかりの神社です。
八幡社の中でも、関東界隈ではかなり知名度が高いと言えます。

湘南海岸は、茅ヶ崎市から鎌倉市にある海岸で、日本を代表する海水浴場です。
サーフィンをするポイントとして全国的に有名で、デートスポットとしても四季を通じて賑わいを見せています。

鎌倉市がおすすめする人気の特産品・返礼品

返礼品で人気のある商品の「鎌倉クラブのぷりん」は、最高級の平飼い卵である天美卵の卵黄だけを使用した最高級品質のプリンで、非常におすすめです。
「鎌倉味散歩雪ノ下」は、職人が海の幸を厳選して切り分け、漬け込んだ一品の詰め合わせで、その味は昭和53年から親しまれてきた特産品です。
「かまくら梅サイダー」は、梅の香りが清涼感を引き立たせているサイダーです。
香り付けの鎌倉梅ワインが1%入っていますが、製造過程でアルコール分は飛んでいるので、子供たちでも安心して飲むことができます。
「鎌倉ゆずサイダー」は、香りと滋養強壮で人気の柚子で作ったサイダーです。

鎌倉市のふるさと応援寄附金の使い道

神奈川県鎌倉市に頂いた寄付金は、

・歴史的遺産や文化財を守るための環境保全
・文化創造発信の推進
・自然景観を守るための整備
・子どもたちが健やかに育つための環境の整備
・学校教育充実の推進
・災害に強いかまくらにするための整備
・歩きやすい快適なかまくらの道路の整備
・観光客に来る人たちが快適に過ごせるための環境整備

といったテーマの中から寄付者に使い道を選んで頂くようになっています。
特に指定がない場合は、必要な事業に使われます。

神奈川県 鎌倉市の返礼品ページ

神奈川県 鎌倉市のホームページ
https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/