神奈川県 秦野市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

神奈川県 秦野市のご紹介

神奈川県秦野市は、神奈川の中西部にある市になります。県内では5位に入るほどの面積があり、市域はとても広いです。また市域の半分は山林で、丹沢の麓に位置しながら市街は山に囲まれる形となっており、海に面しません。山だけでなく河川も多く、基本的に山と川に取り囲まれた市です。秦野市の由来は、平将門を討った藤原秀郷の子孫である佐伯経範が市に居着いた際、波多野を名乗ったことにちなみます。このため、さまざまな地名や駅名が「はだの」と「はたの」を行き来した歴史もあります。おもな特産品は蕎麦、酒、肉のほかに落花生が有名で、ピーナッツサブレや、落花生を使った最中など、お菓子にもその特色を取り込んでいます。茶葉の生産も盛んで、山間部に発生する霧と地形による利を活かし、最適な環境で作られた秦野の茶は丹沢生粋の銘茶としても知られます。市で開催されるお祭りに秦野たばこ祭があり、これは葉たばこ耕作者の慰労を目的として開催されたのが始まりで、歴史は1948年頃にもさかのぼる伝統のお祭りです。お祭りのメインはフロートパレードと呼ばれる、フロート車が市内を巡回するパレードで、市への申請さえ済ませれば誰でも参加することができます。パレード内容は参加団体によって異なりますが、子ども向けのアニメ・特撮作品や、ダンサーによる踊りの披露、洋画や和風もののテーマなどなど、さまざまな出しものでにぎわいを見せます。お祭りの名に「たばこ」とついていることから、近年の禁煙推奨の風潮にともない、名称を変えることも議論されてきました。しかしお祭りの意図に喫煙を勧めるものはないとし、今でも名称変更には至っていません。秦野市へのアクセスは小田急小田原線を利用し、新宿駅から急行で約1時間10分ほど、小田原だと急行で約20分ほどの見込みとなります。横浜からは海老名駅での乗り換えを挟み、小田急線急行でだいたい1時間くらいの移動となります。

秦野市がおすすめする人気の特産品・返礼品

秦野市の特産品となっている落花生をぞんぶんにお楽しみいただける「かまか商店の落花生三色詰合せ」、子どもたちのおやつに大人気な「不二家秦野工場のカントリーマアム」がおすすめです。また宿泊券やお食事券に関する返礼品も人気で、「元湯陣屋の日帰り温泉ご入浴券」や「元湯陣屋の露天風呂付客室に泊まる本格・逸品会席プラン」などもおすすめです。グルメや観光を楽しむついで、豪華な庭園が一望できる本格レストランで逸品会席をお楽しみいただける、ゴージャスな宿泊券になっています。

秦野市のふるさと応援寄附金の使い道

秦野市は豊かな自然環境ならびに、歴史から受け継いだ伝統・文化を重んじ、よりよい発展に取り組んでいます。いただいたふるさと納税の寄付金は、秦野市の未来に活かしてまいります。主な使途は10項目で、寄付の際にお選びいただきます。1.秦野市の発展・振興、2.文化財・生涯学習の発展、3.自然環境の保全と里山の創造に関する事業、4.湧水や地下水の保全・整備、5.市民の健康増進・スポーツの振興、6.未来をになう子どもたちの食育推進・教育の充実、7.医療福祉の発展・充実、8.子育て支援と充実、9.豊かな観光地の振興、10.よりよいまちづくり・住みよい街づくりに関する整備などです。

神奈川県 秦野市の返礼品ページ

神奈川県 秦野市のホームページ
http://www.city.hadano.kanagawa.jp/zaisan/zaisan/shise/gyose/zaise/furusato/index.html

SNSでもご購読できます。