鹿児島県 徳之島町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

鹿児島県 徳之島町のご紹介

徳之島町は奄美群島に所属する島を管轄しています。島の位置は鹿児島県南部に浮かぶ奄美群島の中央に当たり、鹿児島市からはおよそ490キロメートルの距離があります。昭和33年に施行されたこの町は、人口約1万人の世帯数5,000を数え、子どもの数は割合にして全国平均よりも高い数値となっています。合計特殊出生率でいえば、徳之島自体が全体的に高く、島内の町全てで全国10位以内という位置を確保しています。代表的な特産品は、奄美黒糖焼酎です。奄美黒糖焼酎は、奄美群島が全国唯一製造を許された焼酎です。徳之島の蔵元は6つあり、それぞれが独自の銘柄で製造しています。黒糖焼酎の発酵方法は、米麹と黒糖を使う2つの発酵段階を持つ特徴があります。また全国各地に卸される肉用子牛の主要生産地としても有名です。一定の時期まで育った子牛は卸し先でブランド牛となり、出荷されていきます。島の特徴のひとつに、国指定の特別天然記念物でもあるアマミノクロウサギを始めとした希少動植物の生息域だということがあります。世界自然遺産登録を目指し、島独自の環境維持を推し進めています。土地柄、九州とも沖縄とも異なる独自文化が目立ちます。奄美群島では闘牛が行われる唯一の島でもあり、その大会は観光名物にもなっています。島内の産業は、さとうきびやじゃがいも、畜産といった農業が主体です。島であるがゆえに公共交通機関は少ないものの、それだけにゆっくりした時間を提供できます。町へのアクセス方法は飛行機かフェリーを利用します。東京からであれば、飛行機でおよそ2時間の旅路になります。町内の移動には、バスの他にタクシーやレンタカーも用意があります。

徳之島町がおすすめする人気の特産品・返礼品

黒糖焼酎「奄美黒糖焼酎「おぼらだれん」」が返礼品として大変な人気です。おすすめは「黒糖焼酎厳選5本セット(奄美大島にしかわ酒造)」で、黒糖と柑橘系の風味と香りを活かしたあまんゆと、天然水を使う天水百歳、伝統製法を採るざわわなどを揃えました。特産品の黒毛和牛も返礼品としてもちろん用意しています。黒毛和牛を豪快にステーキ肉にした「徳之島“生まれ”鹿児島黒毛和牛たっぷりサーロインステーキ“幸せ”ギフト」を是非その舌で味わってみてください。

徳之島町のふるさと応援寄附金の使い道

町長に任せるケースを除いて6つの寄附先を用意しました。特産品の研究開発、高齢者・障がい者福祉事業、環境保全、伝統保存継承、教育文化スポーツ、観光定住促進のいずれかを選べます。実績として、学校給食に徳之島産の黒毛和牛を提供することで地元の主要産業を子どもたちに伝えました。特に力を入れているのはICT教育関連事業です。他にも、徳之島に生息するアマミノクロウサギとの交通事故防止対策やポイ捨て防止など、島の環境維持を中心に寄附金を利用しています。

鹿児島県 徳之島町の返礼品ページ

鹿児島県 徳之島町のホームページ
http://www.tokunoshima-town.org/kikakuka/chose/kifu/omoiyari.html