鹿児島県 十島村のふるさと納税のご紹介

 

鹿児島県 十島村のご紹介

十島村の行政区域は東シナ海にあり、鹿児島県のトカラ列島全域が所属しています。県立自然公園に指定されている村でもあります。行政区域の外に村役場の本庁舎を置いていることが村の特徴の1つです。
同じように行政区域内に本庁舎を置かない自治体はこの村を含めて3つしかありません。1つは同じ県内の三島村で、もう1つは沖縄県の竹富町が該当しています。これは、県内にある離島の数が600以上もあるという県の事情が関係しています。

トカラ列島に含まれる島は、有人島が7つと無人島が5つあります。合計12の島々は屋久島と奄美大島の間に浮かび、南北160キロメートルの間に点在しています。そのため、村の主な移動手段にもフェリーが使われます。このフェリーは、鹿児島市内の港に発着することから村役場も市内に設置されることになりました。

村の人口は700人前後で、子どもの割合は平均よりやや高いものの、高齢化率も高くなっています。学校が少ない代わりに、小規模校独自の授業スタイルを活かして離島留学を受け入れています。

また、トカラ列島が火山帯でもあることから村内のいたるところで温泉が沸き、観光資源にもなっています。特に中ノ島の御岳と諏訪之瀬島の御岳は今でも活火山として噴煙を確認できます。中ノ島や宝島では、県の天然記念物であるトカラ馬の放牧が見られます。

村の特産品には、パッションフルーツがあります。
主な産業は農業や漁業ですが、肉用子牛の生産が盛んなことで知られています。村内へのアクセスはフェリーのみで、レンタカーなどの車両の貸し出しも民宿に任せています。

十島村がおすすめする人気の特産品・返礼品

おすすめは鹿児島県で行われた新特産品コンクールで観光連盟会長賞を受賞した「島バナナコンフィチュールセット」です。トカラ列島の宝島で育つ島バナナをコンフィチュールに加工しました。4つの味が楽しめます。その他、トカラ列島のおつまみと焼酎を詰めた「十島村特産品+さつま白波セット(黒白波、さくら白波)」や「トカラ列島パッションフルーツ」も人気の返礼品です。パッションフルーツはそのまま堪能しても美味しいですが、ミルクやヨーグルトにもよく合います。酎ハイに加えても面白いです。

十島村のふるさと応援寄附金の使い道

寄附先に選べる事業には、健康な生活に関する事業やインフラおよび消防防災設備を目的とする事業があります。その他、過疎化対策として定住促進支援や産業振興を行う事業、そして教育文化の関連事業や観光事業、地域活性化を目指す事業という6つの使い道を提案しています。寄附金はトカラふるさとづくり寄付金条例に基づき利用されます。十島村に暮らす人々の生活環境を向上させつつ連綿と続く歴史や文化を絶やさないことが目的です。

鹿児島県 十島村の返礼品ページ

鹿児島県 十島村のホームページ
http://www.tokara.jp/administration/furusato.html

SNSでもご購読できます。