鹿児島県 長島町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

鹿児島県 長島町のご紹介

長島町は、鹿児島県の最北端にある町で、人口10,000人ほど、総面積は116.18㎢で、大小27の島があります。周りは海に囲まれており、全長約500mの黒之瀬戸大橋で本土と陸続きになっており、熊本県天草とを結ぶ観光ルートにもなっています。長島には、小浜古墳群や指江古墳群をはじめとする200基を超える古墳があることで知られており、「古墳の島」とも言われています。また、地形を生かし、北海度や青森に続く、九州一の風力発電設備があります。風車公園が、最初に稼働したものです。恵まれた漁場と温暖な気候を生かし、魚の養殖業が盛んにおこなわれています。特にブリは、日本一の産地としても有名です。均一品質を目指し、オリジナルの飼料を開発、稚魚から出荷までを一貫して生産しているこだわりのブリで、「鰤王」と名付けられています。アメリカやヨーロッパ、EU諸国への輸出も行われている長島自慢の特産品です。また赤土バレイショの名産地としても知られています。しっとりして煮崩れしにくく、肉じゃがなどに最適なじゃがいもです。長島の土壌は、ジャガイモ栽培に適した目の細かな赤土で、温暖な海に囲まれていることでミネラル分たっぷりの潮風により、養分がいき渡ることでおいしく育ちます。長島の各所にある道の駅では、鮮魚や加工品、地元で採れた野菜、飲食店などがお値打ちにそろっており、観光客にも人気です。絶景スポットとして訪れる方も多いです。

長島町がおすすめする人気の特産品・返礼品

鹿児島県長島町のふるさと納税返礼品には、特産品を中心としたおすすめの品がたくさんあります。とくに人気があるのは、煮物やサラダにぴったりのバレイショです。赤土バレイショはかごしまブランドとして認定されており、ホクホクしていておいしいです。さつまいもやその加工品などもあります。加工品にはスイートポテトやかりんとう、干し芋などがあり迷います。もちろん、芋焼酎も人気です。町内にある蔵元でつくられる限定の品もあり、ほんのり甘い香りとまろやかな口当たりを楽しめます。

長島町のふるさと応援寄附金の使い道

鹿児島県長島町にふるさと納税でいただいた皆様からの寄付金は、長島町のまちづくりのため次の4つの事業に活用しています。1.まちの景観を守るため、またドライブで訪れた方への心の癒しとなるよう、長島を一周するフラワーロードづくりに係る事業、2.町内唯一の有人離島である獅子島への架橋実現に向けた事業、3.長島町の特産品の出世魚「ぶり」にあやかり名付けられた「ぶり奨学金」基金として、4.寄付者の意志により、福祉や医療、教育、イベント経費など、の以上です。

鹿児島県 長島町の返礼品ページ

鹿児島県 長島町のホームページ
http://www.town.nagashima.lg.jp/nagashima03/nagashima17.asp