香川県 小豆島町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

香川県 小豆島町のご紹介

香川県小豆島町は県の北東部、瀬戸内海に位置する小豆島にある町です。平成18年に旧池田町、旧内海町と合併し、現在は約1万4千人以上の人たちが暮らしています。
映画「二十四の瞳」や「八日目の蝉」が撮影された場所として知る人も少なくないでしょう。当時のロケに使われたオープンセットは「二十四の瞳映画村」として残されており、昭和初期の町並みを楽しむことができる観光スポットとして注目を浴びています。

撮影が行われた小学校や民家のセットはもちろん、小豆島出身の作家で「二十四の瞳」の作者でもある壺井栄の資料が集められている「壺井栄文学館」や、懐かしいアルマイトの食器の「給食セット」がおすすめのカフェ「Caféシネマ倶楽部」、村オリジナルの「極上醤油ソフトクリーム」も大人気です。

醤油は400年の伝統をもつ小豆島町の特産品です。戦後には醤油を生かした佃煮の製造も盛んとなり、瀬戸内の海苔や北海道産の昆布を使った佃煮は醤油の旨味も相まって全国でも高い評価を受けています。
同じく400年という歴史を持つ特産品としては「手延べ素麺」があります。戦国時代の終わり頃から造られ始めたといわれており、その製法は今も変わりません。全国三大生産地の一つでもある小豆島自慢の特産品です。
また、忘れてはいけないのがオリーブ製品です。小豆島は「オリーブ・アイランド」とも呼ばれており、日本においてオリーブ発祥の地でもあります。近年ではオリーブだけではなくハーブ栽培も行われ、食品や化粧品など様々な商品が販売されています。

小豆島町がおすすめする人気の特産品・返礼品

小豆島町は穏やかな気候と豊かな自然に育まれ多くの特産品があります。特にオリーブは「オリーブ・アイランド」と呼ばれているほど小豆島に欠かすことができないものであり、返礼品としても人気です。料理にも幅広く使用できる「小豆島産100%エキストラバージンオリーブオイル」や、品種の異なる2種類がセットとなった「オリーブの苗木2本セット」、オリーブの葉をエサに混ぜて養殖された「香川県産オリーブハマチ」などがあります。他にも特産品である醤油の「生搾蔵めぐり」や佃煮の「こだわりの無添加佃煮五品詰合せ」もおすすめです。

小豆島町のふるさと応援寄附金の使い道

小豆島では、何代にもわたって受け継がれてきた自然や文化、産業、伝統などをこれからも守り、磨き、さらに未来の世代へと引き継いでいくための様々な取り組みを行っています。頂いた寄付金も、小豆島町の掲げているまちづくりテーマに関連する各事業に活用しています。健康づくりや地域福祉など「健康・福祉」、教育や生涯学習など「教育・文化」、公共交通や景観の形成など「生活・環境」、産業や工業、観光など「観光・産業」、住民参画や人権の尊重など「自治・自立」の5つのテーマに分かれたまちづくりから、納税者が寄附金の使い道を選ぶことができます。

香川県 小豆島町の返礼品ページ

香川県 小豆島町のホームページ
http://www.town.shodoshima.lg.jp/oshirase/furusato-nouzei.html

SNSでもご購読できます。