岩手県 陸前高田市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

岩手県 陸前高田市のご紹介

陸前高田市は岩手県の東南端にあり、三陸海岸の南玄関口として、大船渡市、一関市、住田町、宮城県気仙沼市と接しています。北上山地の南端部に位置しており、氷上山をはじめとして、山地や豊かな緑と、水を育む気仙川が注いでいる広田湾など、なだらかな斜面と低地が広がっています。人口は19,604人、アクセス方法は東京上野方面からJR大船渡線で約1時間30分、東北道の浦和ICから約5時間10分、盛岡ICから約2時間30分となっています。

日本各地で生産されており産地により特色が異なるワカメですが、中でも群を抜いて評判が良いのが「広田わかめ」と言われています。三陸沿岸は、リアス式海岸が連なっていることで海岸が深く切り立っており、潮の流れが良くてワカメが育つのに好条件が揃っています。葉肉が厚く弾力があり、歯ざわりがよく柔らかいのが特徴です。また広田湾産のカキは、三陸外洋に面している豊かな海で育ち、厳しい寒さが加わる度に丸々と身が充実していきます。

観光名所も自然が溢れており、広田半島南端にある広田岬は、温暖な気候と恵まれた自然環境で、岬一帯が自然公園となっています。先端の先にある青松島は、県の名勝天然記念物、椿島は国の天然記念物となっており、毎年5月の産卵期には数万羽のウミネコで島がいっぱいなることで有名です。
また、黒崎漁港の背面にある半島の先端の黒崎にある日帰り天然温泉黒崎仙峡温泉は、風光明媚な海を見ながら入浴を楽しむことができます。

陸前高田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

海の幸が豊富な陸前高田市のふるさと納税の人気の返礼品は、特産品である陸前高田産のウニだけを使って作った、生ウニよりも濃厚な陸前高田の蒸しウニ缶セットや、貴重な三陸産の鮭の最高級のグレードの卵だけを使った味付けいくらとウニ缶のセットとなっています。他にもむき身や殻付き、専用の缶付でカキ小屋気分を味わうことができる、がんがん焼用など様々な形でお届けされる三陸海岸広田で育つ牡蠣は、市場のプロも絶賛する味です。

陸前高田市のふるさと応援寄附金の使い道

震災から数年が経ち、「ノーマライゼーションという言葉がいらない町」をテーマに復興へ向けて歩みを進めています。寄せられた寄附金は、こども支援のための事業、高齢者や障がい者支援のための事業、農林水産業や商工業などの振興のための事業、移住や定住促進のための事業、コミュニティ活動やNPO団体などの支援のための事業、その他のふるさと作りのための事業の中から、寄附者が活用される事業を選んで寄附をすることができます。

岩手県 陸前高田市の返礼品ページ

岩手県 陸前高田市のホームページ
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/shisei/kakuka-oshirase/kikaku/furusato-nouzei.html

SNSでもご購読できます。