岩手県 盛岡市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

岩手県 盛岡市のご紹介

盛岡市は東北地方の岩手県にあり人口約293千人を擁する県庁所在地です。県内の北上盆地中央部にあり、面積は東京23区の約1.4倍と広大で自然環境豊かで美しい景観を見せています。主流の北上川に雫石川と中津川が市内中心部で合流しています。市街地からは奥羽山脈の岩手山・駒ケ岳が、また北上高地の早池峰山のほか姫神山・南昌山・東根山などが展望され、これらは街のランドマークになっています。

気候は盆地特有の内陸型気候で昼夜・夏冬の寒暖差は大きく過去夏の最高気温37.2度、冬の最低気温-20.6度を記録しています。交通面では空路を花巻市の花巻空港に頼り空港から盛岡市までのアクセスが不便な為、東京からの場合もっぱら東北新幹線が優位です。市内の鉄路はJR線・第3セクターIGRいわて銀河鉄道線がメーンです。

観光名所は城柵・城館跡・神社仏閣が多く平安時代以後の城址や、盛岡開府以来の城下町形成を窺わせる神社・仏閣があります。代表的なものに盛岡八幡宮、盛岡天満宮、三石神社、報恩寺などがあります。16人の阿羅漢を奉った十六羅漢像も見所です。ほかにも盛岡市保護庭園内の南昌荘、カキツバタ群落、重要文化財の岩手銀行赤レンガ館など観光スポットは枚挙にいとまはありません。

市の特産物といえば短角牛、南部鉄瓶、茶の湯釜・風炉が筆頭に挙がります。食べ物ではわんこそば、じゃじゃ麺の麺類や南部せんべいなどがあります。このせんべいは小麦粉を水で練り円形の型に入れて堅く焼きあげ、縁に薄くカリっとした「みみ」と呼ばれる部分があるのが特徴です。

盛岡市がおすすめする人気の特産品・返礼品

返礼品でおすすめの一つは特産品の「もりおか短角牛」のお肉です。これは日本短角種という希少品種で生粋の盛岡産ブランド牛で国内牛のわずか1%に満たない和牛です。そして人気の高い盛岡リンゴです。一日の寒暖差が大きい盛岡特有の気候はこのリンゴに密度の高い糖度を与え、さらに陽光を十分に浴びて完熟してから収穫されるのでえも言われぬ美味を凝縮しています。さらにお馴染み南部鉄器が並びます。卓越した鋳物釜師が江戸伝来の技法を守りつつ入念に作り込む南部鉄瓶・茶釜は重厚さと繊細な鋳肌とを兼ね備えた伝統工芸品です。進取のデザインを取り入れたモダン・クラフトも登場し時代を超えて永く愛用され続けています。

盛岡市のふるさと応援寄附金の使い道

盛岡市へ寄せられた寄附金は原則として次年度以降の事業に充当し次の事項に重点的に活用されています。
1.「食」と「農」の応援、つまり農林業の振興と中山間地域の振興を通じて自然の恵みを豊かな生活に導く2.スポーツ振興で元気なまちづくり3.次代を担う子供を育成支援4.文化と芸術の香り高き盛岡のまちづくりとお祭りの応援5.伝統文化や伝統工芸を継承し歴史をいかしたまちづくり6.子供教育と社会教育施設の充実による教育応援7.その他福祉・産業振興・環境対策など市長判断に基づく諸施策

岩手県 盛岡市の返礼品ページ

岩手県 盛岡市のホームページ
http://www.city.morioka.iwate.jp/shisei/zaisei/furusato/1010757.html