岩手県 宮古市のふるさと納税のご紹介

 

岩手県 宮古市のご紹介

宮古市は、岩手県の三陸海岸に面した本州最東端である魹ヶ崎を擁する"日本最東端の市"として観光にも力を入れている人口約5万4千人のまちです。数億年前から現在までの地球活動によって形成された自然の造形美を観ることのできる三陸海岸は、狭い湾が複雑に入り込むリアス式海岸としても知られており、青森県八戸市から宮城県気仙沼市まで約300㎞にも及ぶ海岸線は、日本一広大なジオパークにもなっています。

三陸ジオパークには陸中海岸を代表する景勝地で日本の海水浴場・海の部特選にも選定された「浄土ヶ浜」もあり有名な観光名所となっていますが、宮古北部にはウミネコが住む絶景スポット「種差海岸」やつりがね洞・かぶと岩など奇岩が連なる「小袖海岸」など、長い年月をかけ変化し続けてきた海岸地形を見ることができます。また宮古中部には日本有数の地底湖「龍泉洞」や三陸を代表するジオサイトが多数あり、三陸の海岸を船の上から観ることのできる遊覧船も運航しています。
2011年に起きた東日本大震災で甚大な被害を受けた場所の一つとしても知られる宮古中部の沿岸部は、津波の被害を受けた防波堤や観光ホテルなど震災の爪痕が今なお残っており、現在も津波の恐ろしさを実感することができます。

三陸海岸に面し、ワカメやコンブ、ウニにアワビなど海産物を中心とした特産品が並ぶ海の幸豊富な宮古市では、「浄土ヶ浜さんまフェスタ」や「宮古毛ガニまつり」、「宮古鮭まつり」など宮古で獲れる海の幸が主役となったイベントも毎年開催されており、県内外からも多くの人が訪れています。

宮古市がおすすめする人気の特産品・返礼品

海の幸が豊富な宮古市では、地元・宮古で獲れたウニやイクラを瓶詰めにした「漁火小瓶4種セット」や、宮古の特産品である肉厚の天然アワビがまるごと1個入った「~あわびまるごと~黄金重茂カレーセット」が大人気の返礼品となっていますが、地元で愛され続ける『宮古ラーメン』とホタテがまるごと入った、ホタテの旨みが堪能できる『磯ラーメン』の詰め合わせ「宮古の味セット」もラーメン好きの間でも話題となっており、おすすめの返礼品となっています。

宮古市のふるさと応援寄附金の使い道

岩手県宮古市では、ふるさと納税として寄せられた寄附金は、寄附者が選択する使途に従って、下記の9つのテーマに関する事業において、有効に活用されます。
1.子育て支援・環境の充実、2.産業の復興、3.自然環境の保全、4.地域文化の保存や伝承、5.教育環境の充実、6.東日本大震災の復興、7.たろう観光ホテル等津波遺構の保存、8.市長におまかせ、9.平成28年に発生した台風10号による被害への対応、となっています。

岩手県 宮古市の返礼品ページ

岩手県 宮古市のホームページ
http://www.city.miyako.iwate.jp/zaisei/henreihin.html

SNSでもご購読できます。