岩手県 八幡平市のふるさと納税のご紹介

岩手県 八幡平市のご紹介

八幡平市は岩手県の北西部にあり、秋田県や青森県と境を接しており、北東北3県のほぼ中心にあります。西根町、安代町、松尾村の3町村が合併して、平成17年9月1日に市制施行されました。人口は、平成29年11月30日現在で26,304人です。東北自動車道、八戸自動車道が中央を縦貫しており、西根、松尾八幡平、安代の3つのインターチェンジや安代ジャンクションがあります。国道282号やJR花輪線も縦貫しており、鉄道駅は合計で12か所ある交通基盤が整う地域です。さらに、県庁所在地の盛岡市に隣接しています。高速道路や国道、鉄道などを通じて他県と行き来しやすい場所にあります。市の基幹産業は農業で、米や畜産物、ホウレンソウ、リンドウなどの栽培や生育が行われています。日本100名山の1つでもある岩手山、八幡平山にはトレッキングコースが用意されており、季節折々の大自然のパノラマを眺めることができます。八幡平アスピーテラインは4月下旬に冬の通行禁止が解除になりますが、道路の両側に数mの雪が残っており、名物の「雪の回廊」を見ることができます。八幡沼やガマ沼、茶臼岳、御在所湿原、御在所沼、涼風の滝などの見どころがたくさんあります。御在所湿原の草紅葉は9月下旬から10月上旬が見ごろです。冬山を歩くと、美しい八幡平樹氷群を目にすることができます。八幡平市には多くの温泉があり、趣のある温泉宿も多いです。温泉を足場として、スキーや登山、スポーツ合宿などが楽しめる観光スポットとして人気があります。

八幡平市がおすすめする人気の特産品・返礼品

八幡平市のふるさと納税のおすすめの返礼品は、安比高原のゴンドラ、リフト乗り放題券です。スキー場として人気がある安比高原でのスキーを存分に楽しむことができます。1日に7回もしぐれる位に天気が変わりやすいと言われている七時雨山の麓の農家で丹精込めて育てられた新鮮な季節の野菜セットは何が来るかお楽しみです。特産品の八幡平牛と杜仲茶ポークをたっぷり使った贅沢なハンバーグや八幡平牛を存分に楽しめる焼肉セット、すき焼きとステーキのセットなどの定期便もおすすめの1品です。

八幡平市のふるさと応援寄附金の使い道

八幡平市に寄せられたふるさと納税の寄付金は、以下の6つの使い道の中から使途を選ぶことができます。1、豊かな自然環境を守り、次世代に伝えていくための自然保護活動の事業、2、農産物や畜産品のブランド化や企業の誘致など、産業の発展のための事業、3、教育やスポーツ、芸術文化など、人材の育成を図るための事業、4、子育て世代、高齢者、障がい者の方が安心して暮らせるための福祉の充実のための事業、5、その他の事業、6、特に使途を指定しないで市長におまかせ、のどれかに使用させて頂きます。

岩手県 八幡平市の返礼品ページ

岩手県 八幡平市のホームページ
http://www.city.hachimantai.lg.jp/cat51/cat58/cat566/post_2156.php