石川県 能登町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

石川県 能登町のご紹介

能登町は石川県鳳珠郡ある、能登半島の北部に位置する町です。鳳珠郡は能登町と穴水町の2町によって構成される郡です。人口は約1万7千人、面積は約273平方キロメートルと広大な敷地を誇っています。また穴水町以外にも輪島市や珠洲市とも隣接しています。

能登町の歴史は古く、縄文時代前期から晩期に至る集落跡の遺跡として真脇遺跡が発掘され、その歴史の古さを物語っています。その後700年代には能登国が建国されたとあります。1968年には能登半島が国定公園に指定されており、自然豊かな風景が堪能できる土地柄となっています。

名産品はブルーベリー、日本海で獲れた「のと寒ぶり」やイカ、ズワイガニ、いしりなどと変わりコンニャク海洋深層水などが有名です。地元のお菓子では「いも菓子」、「笹の雪」、「松波飴」などがあり、日本海側の気候を利用した地元の日本酒も有名で、数馬酒造の「竹葉」や松波酒造の「大江山」は銘酒として人気の高い品となっています。

日本国内での姉妹都市は千葉県にある流山市と宮崎県にある小松市で、産業振興などの交流を行っています。博物館や美術館等では「のと海洋ふれあいセンター」「星の観察館満天星」「真脇遺跡縄文館」、「羽根万象美術館」などの施設が存在し、交通アクセスでは、能登空港を町内に保有していますので、首都圏とのアクセスが容易化されています。地方港湾として小木港や宇出津港の港があり、漁港しては町内で10か所を超える箇所が存在しています。

能登町がおすすめする人気の特産品・返礼品

能登町で人気の返礼品は、米どころとして名高い石川県の代表格として人気の高いブランド米「コシヒカリ」をはじめ地元のブランド米「能登ひかり」などのお米が注目を集めています。また稲作だけでなく、漁業としても盛んで、地元の漁港で水揚げされた新鮮な海産物も特産品として有名で「ズワイガニ」や「スルメイカ」などは近隣の有名県と比較しても勝るとも劣らない絶品の一品です。また、地元のお米と水を使用した地酒やオリジナルの工法にて独自の風味を醸し出した地ビールなどもおすすめです。

能登町のふるさと応援寄附金の使い道

能登町へのふるさと納税寄附金は、地域の産業発展や子供たちの明るい未来のための育成などのため、次の事業に使用されます。1.子育て・社会福祉活動の支援、2.スポーツ・地域文化継承活動の支援、3.循環型社会構築のための環境対策支援、4.観光・地域振興の支援、5.防災対策活動の支援、6.その他町長が必要と認める施策

石川県 能登町の返礼品ページ

石川県 能登町のホームページ
http://www.town.noto.lg.jp/www/info/detail.jsp?common_id=555