石川県 白山市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

石川県 白山市のご紹介

白山市は石川県の南に位置する市で、石川県で最大の面積を保有します。2005年2月に複数の市町村が合併することで生まれました。県内では金沢市、能美市、小松市、野々市市、能美郡川北町、福井県では勝山市、大野市、岐阜県では高山市、大野郡白川村、富山県では南砺市と、多くの県、市町村と接しています。
白山市はその全域が白山手取川ジオパークの認定を受けていて、そのテーマは市を流れる手取川の水の循環に焦点を当てたものとなっています。

白山市は日本百名山に指定されている白山をはじめ、多くの山川を持つ自然豊かな市です。それに加えて工業も盛んで、EIZO、石川製作所などの企業が本社を置いています。
また、農業ではコメが多く生産されています。大学では金城大学と金沢工業大学(八束穂キャンパス)があります。

交通の面では、鉄道でJR西日本の北陸本線、北陸鉄道の石川線が通り、高速バスも運行しています。大都市である名古屋や大阪までは大体4-5時間です。

名産品には、あんころ餅、剣先なんば、ふぐの糠漬け、堅豆腐、栃餅、かき餅などがあります。あんころ餅とは餅を餡で包んだものを言います。剣先なんばは剣先町発祥の細長く希少な唐辛子です。ふぐの糠付けは毒性の強いふぐを長期間糠漬けにすることで毒性を取り除いたものです。堅豆腐は木綿豆腐よりもはるかに硬い豆腐で、刺身などで食されます。栃餅は栃の実を灰汁抜きしてからもち米と一緒に炊いて餅にしたものです。かき餅はおかきの別名で、餅を小さくして乾燥させてから炙ったものを言います。

観光スポットとして、長い歴史を持つ白山比咩(ひめ)神社の他、石川県ふれあい昆虫館、手取峡谷などが人気です。

白山市がおすすめする人気の特産品・返礼品

白山市のふるさと納税の返礼品で人気があるのは地元で親しまれているスミヤ精肉店の自家製チャーシューです。大変口当たりが良いと評判の品です。手取川の伏流水を使用した純米吟醸酒も人気があります。銘品セットは白山の味がいろいろ楽しめておすすめです。特産品である河豚の子の醸し漬けは他地域の皆さんに是非味わって欲しい一品です。白山産のコシヒカリは自宅のお米と食べ比べていただきたいですし、それを使用したロールケーキであるwatayukiも是非一度お手に取っていただきたい品です。

白山市のふるさと応援寄附金の使い道

白山市では「笑顔」「健康」「元気」の3つのプロジェクトを掲げており、ふるさと納税の応援寄附金はそれぞれの事業へ使用されます。健康プロジェクトでは子供の養育の環境をより良いものとし、市民が健康な生活を送ることを推し進める事業を行います。笑顔プロジェクトでは市民が相互協力して生活することやグローバル化への適応、地域間の情報連携をしっかりとしたものにしていく事業を行います。元気プロジェクトでは産業や観光を盛んにすることや地域ブランドを高め市がもつ良さを他に伝えていく事業を行います。

石川県 白山市の返礼品ページ

石川県 白山市のホームページ
http://www.city.hakusan.ishikawa.jp/soumubu/zaisei/Furusato.html

SNSでもご購読できます。