石川県 羽咋市のふるさと納税のご紹介

石川県 羽咋市のご紹介

羽咋市は石川県の中でも能登半島の基部に位置し、人口およそ2万人の都市です。
「羽咋」と書いて「はくい」と読む地名は「怪鳥伝説」と呼ばれている神話に由来しており、村人を襲っていた怪鳥を3匹の犬が羽に食らいつき倒したことから「羽を食う」、「羽喰」、「羽咋」という流れで生まれたといわれています。
羽咋市にはこの神話に登場する磐衝別命と3匹の犬にゆかりのある遺跡も残されており、「大塚」、「水犬塚」、「剣塚」、「痛子塚」、「大谷塚」、「宝塚」、「姫塚」の7つを合わせて「羽咋七塚」と呼び、神話とともに大切にされています。

また羽咋市は「UFOのまち」とも呼ばれており、近年「宇宙人サンダーくん」というご当地キャラクターも登場しました。
もともと江戸時代の頃より頻繁に空を飛ぶ円盤が目撃されたという噂が残っており、「宇宙人サンダーくん」をはじめ現在はまちおこしの一端を担う存在にもなっています。
バスや電車、看板のデザインはもちろん、「UFOラーメン」や「UFOカレー」、「UFOもなか」といった「UFOグルメ」を名物として打ち出すなど、市内の至るところでUFOを目にすることができます。

他にも観光スポットの1つとして「宇宙科学博物館コスモアイル羽咋」もあります。
宇宙から大気圏に突入した後、地球に戻ってきたカプセルや、アポロ計画で使われた宇宙船、本物の人工衛星、UFOに関する資料や研究成果など珍しい展示物が多く、他ではなかなか味わえない楽しさがある観光スポットとなっています。

石川県外から訪れる場合は、金沢駅、能登空港、小松空港などを利用したアクセスとなります。

羽咋市がおすすめする人気の特産品・返礼品

能登の気候風土によって育まれた特産品もおすすめの返礼品として人気ですが、羽咋市では「UFOのまち」に関連した様々な返礼品もあります。
例えばUFOをもじったネーミングの「地酒遊穂」は、くすりと笑いがこぼれながらも能登杜氏の技による芳醇な旨みと、調和した酸によって料理を選ばず楽しむことができる日本酒です。
また、国際宇宙ステーションでも食べられている宇宙食などを詰め合わせた「宇宙食詰合わせ」は、宇宙飛行士になったような気分を味わうことができる人気のセットとなっています。
他にも、羽咋市で人気のご当地キャラクター「宇宙人サンダーくん」の焼き菓子がセットになったものなどもあります。

羽咋市のふるさと応援寄附金の使い道

羽咋市では元気な羽咋を目指し、皆様から頂いた寄付金は
・地方創生
・教育とスポーツ
・市民憲章の推進
・福祉
・おまかせ
の5つの分野で活用しています。
最近の活用例としては、教育環境の充実を目的とした学校へのICT教育の導入、子育て支援の一環として家庭の経済的負担の軽減を目的とした「子育て応援券」の交付、美しいふるさとを守っていくための千里浜海岸をはじめとする5か所の海岸で実施されたなぎさクリーン運動などがあります。

石川県 羽咋市の返礼品ページ

石川県 羽咋市のホームページ
http://www.city.hakui.lg.jp