茨城県 結城市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/20

茨城県 結城市のご紹介

結城市は茨城県の西部に位置し、人口は約5万2千人です。鎌倉時代より城下町として栄えており、茨城県内はもとより全国でも有数の古い城下町です。市内には25もの数多くの寺院が存在し、市内北部の市街地にその多くが集中しています。また分院も含めるとその数は更に大きくなります。結城の寺巡りで外せないのが光福寺で、維新期の偉人のお墓などもあり、見所が多いです。神社も多く、蔵造りの街並みと街全体が深い歴史を感じさせる趣を持っています。この街並みは国の登録有形文化財に指定されている建造物が多数存在します。その中でも小西見世蔵は現存する見世蔵の中でも特異な存在であり、形式や時代の古さを感じる一見したい建物です。伝統的な産業として全国的に有名で国の重要無形文化財である結城紬は2010年にユネスコの無形文化遺産としても登録されました。これは古代よりふさという麻の転である繊維や木綿の産地、ゆうきの国と呼ばれていた歴史があり、奈良時代より結城紬の特産地として発展してきました。鎌倉時代には結城朝光が館を構えて、名家結城氏の城下町になりました。他にも桐の工芸品や日本酒、すだれ麩、うどん、ゆでまんじゅうなどの特産品もあり、農産業としては米、かんぴょう、レタス、とうもろこし、白菜などを首都圏へ出荷しています。工業も盛んで結城第一工業団地等の企業の誘致にも積極的で、さまざま企業が本社を置いています。アクセスは電車で都心へ最短60分圏内にあります。

結城市がおすすめする人気の特産品・返礼品

結城市の返礼品のおすすめは日本を代表する絹織物、結城紬のネクタイや着尺、扇子、ショールです。最大の特徴は真綿からつむがれた糸で丁寧に織りあげた生地は渋い光沢を放っています。他にも国産和牛のスライスや味付け焼肉用スライス、茨城産の豚肉のセットはどの部位も美味しいと大人気です。結城ブランドの特産品として認定されている四百年の歴史を持つうどんの産地として知られる結城は製造に手打うどんの技術と様式を取り入れて、その良さを生かした麺造りを行っており。昔ながらの素朴な味わいが楽しめるうどんときしめんのセットもあります。

結城市のふるさと応援寄附金の使い道

応援寄付金の用途は市の5つの目標や市長が提案する事業、又は寄附者が希望する事業の中から、1つをご指定できます。【総合計画の5つの目標】 1 社会福祉の充実 2安心で住みやすいまちづくり3 歴史、自然を育むまちづくり 4未来ある子どもと市民を育むまちづくり 5協働によって持続可能なまちの実現 【市長が提案する事業】1LEE小学校英語活動2 地域子育て支援センター運営 3市内巡回バスの運行 4 図書などの整備5 中心市街地活性 6市民活動の支援 7結城ブランドの推進 8きものday結城の開催 以上より指定できます。

茨城県 結城市の返礼品ページ

茨城県 結城市のホームページ
http://www.city.yuki.lg.jp/page/dir000279.html